ある社交クラブでのクリスマス

お金持ちだけが入ることのできる会員制社交クラブのクリスマスパーティーに参加した渡辺由佳里さん。他の女性たちは毛皮のコートや高級なドレスを着て、いかにもリッチな出で立ちだったそう。しかし、そのパーティーで人間観察をすることでわかってきた、お金持ち達が味わう社交シーンでの苦労とは?

目の玉が飛び出るほどの高価なドレス

アメリカのお金持ちの悩みはまだまだあります。

私がそれを知ったのは、数年前の冬のことです。

なだらかな丘を車で登って行くと、ホワイトハウスを横長にしたような白い建物が見えてきました。正面入口の前のアーチ型ドライブウェイにはメルセデス・ベンツGクラス、ポルシェ・カイエン、アウディR8といった高級車が並んでいます。夫がその列の後ろに車をつけると、制服を着た肌の浅黒い男性が近づいてきて車のドアを開けてくれました。

車から出て寒気に震える私を、彼は笑顔で迎えてくれました。

「フェリッツ・ナビダッド!」

意味がわからず戸惑って周りを見渡すと、正面の扉の両脇に並んだ制服の男性たちが口々に来客に声をかけています。

「フェリッツ・ナビダッド!」

前に並んだ車から出てきた人々を見て、私は自分が着ている古ぼけたコートを突然後悔しました。 近年の動物愛護ブームで悪者になった毛皮のコートが、ここでは堂々と受け入れられているようです。長毛のフォックス、柔らかそうな黒テン、つやつや光るミンク……。毛皮やデザイナーブランドのカシミアコートの後に、ディスカウント店で買った私の古いコートを預けるのは気がひけます。つい、コート係に「アイム・ソーリー」と謝りそうになりました。

ここは、コネチカット州グリニッジにある会員制社交クラブ「グリニッジ・カントリークラブ」。私たちは家族のクリスマス・ディナーにやってきたのです。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
アメリカはいつも夢見ている

渡辺由佳里

「アメリカンドリーム」という言葉、最近聞かなくなったと感じる人も多いのではないでしょうか。本連載では、アメリカ在住で幅広い分野で活動されている渡辺由佳里さんが、そんなアメリカンドリームが現在どんなかたちで実現しているのか、を始めとした...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

youzurum Feliz Navidadと言われると凄く新鮮。Merry Xmasはほとんど日本語だからね。 2年以上前 replyretweetfavorite

kanchan_r これは凄い話。絶対やだw 2年以上前 replyretweetfavorite