本当に幸せなお金持ちっているの?

お金持ちになれば、好きなものを手に入れることができる、幸せになれる、そんなイメージがあります。しかし、そもそも年収いくらからお金持ちなのか? そしてそれで十分幸せな生活を送れるのか? データから見えてきたお金持ちの苦労、そしてデータでは見ることのできない本当の豊かさとは一体どのようなものなのでしょうか?

お金持ちの仲間入りは年収いくらから?

前回は、お金持ちの熾烈な社交シーンのご紹介をしました。もっとも、熾烈なのも当然で、義弟たちが住んでいるのは、全米で最もリッチな地区 と言われるコネチカット州グリニッジ町の「黄金の三角地帯(the golden triangle)」区画なのです。ここの世帯収入の平均は61万4242ドル(約7300万円)で、住宅平均価格は431万6245ドル(約5億2000万円) です。

でも、「全米で最も良い近郊」 のリストになると、上位にグリニッジの名前は見当たりません。そのかわり、世帯収入平均がグリニッジより一桁も低い8万7232ドルである、オハイオ州マデイラ町が3位に入っています。住宅平均価格も33万7287ドルなので、グリニッジより一桁低い価格でけっこう大きな家が買えます。何よりもご近所から常に値踏みされないのが気楽そうですよね。


オハイオ、グリニッジ、ナンタケットそれぞれの、1億円で買える家の例。
地域によってその規模はまったく異なる。(※)

また、マデイラの世帯平均収入なら名門大学で子供がneed-basedの奨学金を受けられますから、ボストン近郊に住む私の友人夫婦が子供の授業料として費やさなくてはならない、6万ドルx 4年x3人=72万ドルを貯金できることになります。

こういった「豊かさの中身」は、マクロな数字やグラフでは見えないものです。

では、どのくらい収入があれば、こういった日常的なお金の心配をせずに、映画に出てくるようなお金持ちの暮らしができるのでしょうか?

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
アメリカはいつも夢見ている

渡辺由佳里

「アメリカンドリーム」という言葉、最近聞かなくなったと感じる人も多いのではないでしょうか。本連載では、アメリカ在住で幅広い分野で活動されている渡辺由佳里さんが、そんなアメリカンドリームが現在どんなかたちで実現しているのか、を始めとした...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Als_Ick_Kan つまらない突っ込みで恐縮。アメリカいるとついつい1ドル=100円で計算しちゃうけど、ここに出ている家は全部1億2000万円以上 5年以上前 replyretweetfavorite

Atack20 確かある一定以上の所得になると「お金」よりも「時間」が重要になってくるという。 5年以上前 replyretweetfavorite

YukariWatanabe 場所によって1億円で買える家がこんなに違う!という比較写真も載せました。 5年以上前 replyretweetfavorite

sizukanarudon アメリカはいつも夢見ている|渡辺由佳里@YukariWatanabe https://t.co/0o8d3V4kLP バーナード・L・マドフ(メイドフ) 被害総額6兆円以上、禁固150年。 http://t.co/MAfCsdCB5G 5年以上前 replyretweetfavorite