LGBT率が高い? セーラー世界の性のありかた【第16回】

90年代に大人気だった『美少女戦士セーラームーン』。今回は作品内で沢山出てくるLGBTと思われるキャラを取り上げていきます。作品が「セーラームーン世代」の性への価値観に与えた影響とは一体どのようなものなのでしょうか。(初回はこちら

【アンケート開催中!】

本連載の特別企画として、タレント・文筆家であり、セーラームーン世代である牧村朝子さんとの対談を予定しています。対談時に参考にするためのアンケートにご協力ください!

「あなたのすきなセーラー戦士は?」
https://docs.google.com/forms/d/16VpdKTOgC5CniiM0C73QeGu1EcpykiHaux4PJF7owO4/viewform


1990年代の日本におけるLGBTの認識

『セーラームーン』に登場するキャラクターのLGBT率の高さは相当なものである。

LGBTとは、女性同性愛者(レズビアン/Lesbian)、男性同性愛者(ゲイ/Gay)、両性愛者(バイセクシュアル/Bisexual)、性転換者・異性装同性愛者(トランスジェンダー/Transgender)といった人々の総称で、“性的指向が少数派の人たち(セクシャルマイノリティ)”と称されるケースもある(本当に「マイノリティ」かどうかは議論の余地があるが)。

LGBTは2000年代後半以降、その尊厳に関して国際的な人権意識が高まっているので、言葉だけは耳にしたことのある読者も多いだろう。日本でも、福岡市が2015年4月より、男女別にキャップ型とつば型の2種類あった小学校の新入生に配布する黄色い帽子を、「性同一性障害の子供に配慮して」、キャップ型のみの1種類とし、耳目を集めた。

しかし1990年代の日本において、LGBTおよび彼らの嗜好性は、まだまだ色物扱いされる存在だった。当時は「LGBT」という用語自体、日本ではほとんど浸透していなかったと思われる。要は一部のリベラルかつハイカルチャーな言論空間を除き、彼らはテレビ、雑誌といったマスコミなどにおいて、興味本位で取り扱われる“異常者”以外の何物でもなかったのだ。

ごく自然に描かれたゲイのラブシーン
この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
セーラームーン世代」を語り尽くす!

稲田豊史

90年代に大人気だった『美少女戦士セーラームーン』。その人気は20年経った今も衰えることを知らず、新アニメの放送や関連グッズの発売も話題になっています。当時リアルタイムでセーラームーンを視聴していた少女たちは、今やアラサー世代。知らず...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

norachiday /セラムン世代の人は実感あるのかな。あるなら興味深い 5年以上前 replyretweetfavorite

lv8_soo セーラームーンって社会学的な内容すごく含んでるのよね 5年以上前 replyretweetfavorite

0501Can #セーラームーン #LGBT #セクシャルマイノリティ 5年以上前 replyretweetfavorite

occhi_17 https://t.co/47e0E1wQCN はるかとみちるだけじゃなかったんだなぁ 5年以上前 replyretweetfavorite