第40回】大学二極化のあおりと伝統附属校の今

考察!附属校の文化資本

前回に引き続き、ミッション校をはじめとした伝統校の今を追う。

 暁星はまた、サッカーが校技であり、お世辞にも広いとはいえない九段下の校舎の至る所でボールを蹴る児童、生徒たちがいる。同校出身のサッカー選手にはそのせいか、パス回しが巧みな技能派が多い。これこそ環境遺伝ともいうべき事例か。進学校としても名高い高校へのエスカレーターに乗せる感覚では、とても済まない文化資本に満ちた学校だ。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

週刊ダイヤモンド

この連載について

初回を読む
学校間格差 拡大時代! ! の塾&予備校 徹底比較

週刊ダイヤモンド

主要な塾・予備校の内容・合格実績を徹底比較! ~①業界動向編②中学受験編③高校受験編④大学受験編⑤小学校お受験編

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません