文法学習って、必要? それとも不要?

英文法が苦手で英語につまずいた人、たくさんいるのではないでしょうか? 今日は文法の学習にどんなふうに取り組んだらいいのかについて、考えてみました。

去る2015年3月17日、文部科学省が高校3年生7万人対象に実施した英語実力判定結果を発表しました。その内容が、どうしてなかなか恐るべきものだったのです。以下は3月17日読売新聞からの抜粋です。

 結果によると、「読む」で、英検準2級以上のレベルに達したのは27・3%で、3~5級が72・7%。「聞く」は準2級以上が24・1%、3~5級が75・9%だった。「書く」は準2級以上は13・5%で、3~5級が86・5%。0点が29・2%(約2万人)を占めた。「話す」も87・2%が3~5級にとどまり、全体の13・3%(約2200人)が0点だった。

http://www.yomiuri.co.jp/kyoiku/news/20150317-OYT...

 よく「日本人は英語をしゃべるのは苦手だけど、読む、書くは大丈夫」などと言われますが、この調査結果を見る限り、そんなのは大ウソです。まず、書くのが0点の人が3割もいます。また、「英検準2級=高校中級程度」、「3級=中学卒業程度」ですから、要するに「書く」で学年相応なのは、わずか13.5%しかいないのです。「読む」で学年相応が27.3%、そして「話す」はわずか12.8%です。なお、同時期に実施されたアンケートによると、英語を嫌いな生徒が58.4%にものぼるそうです。

 この調査結果を踏まえれば、中学における英語教育は一定の効果を挙げているが、高校における英語学習には何か根本的な欠陥があると考えざるを得ません。そして、それによって大半の人が英語嫌いになったり、英語獲得に失敗している、と言えそうです。

 高校生の100人中13人程度しか学年相応のレベルに達せず、3割が何もかけず、6割弱が英語嫌いになる要因はいったいなんなのでしょうか? いったい何が英語学習をこれほどにまで難しくさせているのでしょうか?

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
使える英語」を手にしよう!

松井博

中高大と10年も勉強するのになぜかいっこうに使えるようにならない日本人の英語。どうやって勉強すればいいの? アメリカでの子育て、保育園経営、アップル本社勤務、33歳からの妻の英語習得を通じて得た英語獲得をノウハウを惜しみなく公開します!

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

otuka_T 「日本人は英語をしゃべるのは苦手だけど、読む、書くは大丈夫」なんてのは大ウソ 4年以上前 replyretweetfavorite

Matsuhiro 今週はどうやって 4年以上前 replyretweetfavorite