第62回】列を乱す批評家を許さないポジティブ村の人々

前回の記事が大炎上したことをうけて、今回は反省会を行います。炎上で寄せられた「上から目線」「人のことを揶揄するな」などの多くの声から、シニカルな視点や批評を受け入れなくなっている現代を分析。そして、これからはポジティブの時代だ!ということで、昨今のニュースについて精一杯ポジティブに語り合います。

4月第4週の主なできごと
・Googleマップでイタズラ 皇居内に「オウム真理教道場」が出現(4月20日)
・JR東海 リニア、時速603キロ到達。世界新(4月21日)
・首相官邸にドローン落下、テロ警戒も(4月22日)
・ピース又吉『火花』 三島由紀夫賞候補に(4月22日)
・アップルウォッチ販売 静かな船出(4月24日)

「サードウェーブ系男子」炎上を振り返る

おぐらりゅうじ(以下、おぐら) 今回は「松浦弥太郎に見る反消費、マンションポエム、そしてマーケティングとしての自己啓発、宗教」の予定でしたが、急遽変更して、前回の「ネタ化される『上質な暮らし』と盲信する『サードウェーブ系男子』」が、各方面から様々なご意見やご批判をいただきましたので、その反省会をしたいと思います。

速水健朗(以下、速水) 炎上したねえ(笑)。とはいえ、おもしろいって読んでくれた人たちが大多数だったよね。この案件、僕らがどうというよりも、「サードウェーブ系男子」という言葉の引きが強かった。この言葉がバズワードとなって、バイラルメディアが独自記事を作り始めてる。

おぐら 配信の3日後には、「モデルプレス」というサイトに「今付き合いたいNo.1『サードウェーブ系男子』の特徴5つ」という記事がアップされました。

速水 「都市リベラル層」「アッパーミドル」「ポストリーマンショック」「脱消費社会」みたいなキーワードを使わずにこういう定義をすると、「節約上手」「アウトドアなネイチャー志向」になるんだねえ。そこが、おもしろい。
 ちなみに俺たちは、単なる流行とは違うという分析をしたつもりなんだけど、それが「上から目線」って思われて炎上した感じだね。

おぐら 他にも「○○男子とか分類してわかった気になるな」「人のことを揶揄するな」などという声が目立ちました。

速水 ちゃんと読むと、別に「サードウェーブ系男子」を揶揄はしてないはずなんだよね。貧しい若者叩きだって声もあったけど、これも違う。あくまで、都市部のリベラルなアッパーミドル層と結びついているという話をしてるだけで。

おぐら 記事の写真を見て、「おまえらの服装もサードウェーブ系男子じゃねえか」的な反応も多かったです。それと、写真にMacが写り込んでいたので、「そもそもMacを使ってる時点でサードウェーブ系男子だろ」とか。こういう定義の拡大解釈は仕方ありません。

速水 その辺の多くは、クソリプの類い。でも鋭い切り返しもあったけどね。おぐらくんのファッションが色使いが奇抜すぎて、サードウェーブになりそこなっているという指摘は正しいでしょ。

おぐら なりそこない(笑)。「斜に構えて上から目線で他人を嘲笑するのはサブカルの常道手段」みたいな声もありました。

速水 それも正解でしょ。おぐらくんの「ファッション」業界へのコンプレックスはにじみ出ていたからね。叩かれても仕方がない。だけど不思議なことに、炎上しているのは、主に俺の方でしょ。明らかに、揶揄的な態度だったのはおぐらくんの方だと思うのに。こういった軽薄に物事をくくってネーミングしようとする社会評論家に対してネーミングをした方がいい、というご指摘を受けました。

おぐら 僕は社会評論家とは呼ばれないですからね。

速水 でも、わりと周囲には「よかったね」って慰められているよ。俺の場合、影が薄いのが悩みで、何を言っても炎上しないキャラだったから。むしろおぐらくんに感謝だね。

カズ、松岡修造に見るポジティブ時代の到来

おぐら このたびは様々なお叱りを受けましたが、ひとえにもっと良い記事を書けということだと受け止め、今後はよりいっそう精進いたします。反響が多くあるということは、それだけ多くの方々にお読みいただけたということでもありますので、その意味では光栄に思います。

速水 珍しく殊勝な……って、ん? それ、張本勲に対するカズの返答コメントのパクリじゃん!

おぐら この絶妙な切り返しに、みんな感動してましたよね。僕も見習わないとと思いまして。

速水 48歳でもJ2でプレイヤーを続ける三浦知良に対して、野球評論家の張本勲が『サンデーモーニング』で「もうおやめなさい」と発言したところ、ネットでは大炎上。それが、カズの「もっと活躍しろって言われているんだなと思う」「光栄です」と前向きなコメントで返した。

おぐら ネットでもカズの返答は賞賛の嵐でした。しかも、その数日後にはゴールを決め、カズ自身が持つJリーグの最年長得点記録を更新。返答からきちんと結果を出すまで完璧な流れです。

速水 ネガティブな批判に対してポジティブで返したことが賞賛されるっていうのは、非常に今の時代を反映していると思うよ。今回の炎上って、僕らの不徳の部分もあるだろうけど、むしろ、つまるところは斜めから社会を切り取るような態度そのものが、受け入れられなくなっているということなんじゃないかな。松岡修造の日めくりカレンダーが85万部も売れてる時代でもあるし。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
すべてのニュースは賞味期限切れである

おぐらりゅうじ /速水健朗

政治、経済、文化、食など、さまざまジャンルを独特な視線で切り取る速水健朗さんと、『TVブロス』編集部員としてとがった企画を打ち出し、テレビの放送作家としても活躍するおぐらりゅうじさん。この気鋭のふたりのライターが、世の中のニュースを好...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

2FSHIKA 列を乱す批評家を許さないポジティブ村の人々 https://t.co/jvApArwXIp 3年以上前 replyretweetfavorite

Mercy0101 さっきめっちゃ 約4年前 replyretweetfavorite

SAY_A_BLUR 「おまえらの服装もサードウェーブ系男子じゃねえか」 「そもそもMacを使ってる時点でサードウェーブ系男子だろ」 文化系はコピー扱いされると怒る…w 4年以上前 replyretweetfavorite

yuuuuuiiiii @ciotan やっぱりこの連載すごいと思うのであります。https://t.co/6GWfdkPNEL 4年以上前 replyretweetfavorite