政権から圧力を受けても「見世物小屋」の役割を果たさない日本のマスコミ

安倍政権が各メディアに干渉しているとされる報道が、度々話題となっています。May_Romaさんは、報道ステーションに自民党が中立を求めた一件を受けて、そもそも人間が中立を断定することは不可能に近いと主張します。新聞や雑誌、テレビは「見せ物小屋」でないとつまらないと語るMay_Romaさんが、メディアの本来あるべき姿を考察します。

メディアは絶対に中立にはなれない

ちょっと前のことですが、日本の主要な新聞やテレビ局の幹部が、日本の主要政党に呼び出されて、お前のところの仕事のやり方はちょっとどうなのか、いろいろ文句を言われるということがありました。

「報ステ」にまた圧力…自民党がテレ朝幹部を異例の呼び出し

強まる「政治圧力」 自民、テレ朝とNHK聴取 報道萎縮の懸念も

自民党は、「アベノミクス」を取り上げた昨年11月の「報道ステーション」の内容が偏っているとして、文書で「中立」を求めたことも明らかになっています。ちなみに「中立な報道」というのは、英語では「neutral coverage」と言います。

やっぱり…「報ステ」に自民党が“圧力文書” その後に異例人事

ドイツの日刊紙フランクフルター・アルゲマイネ・ツァイツゥング紙の東京特派員カーステン・ゲルミス氏は、特派員生活のあいだに体験した、安倍政権による報道機関への抑圧の一例を紹介しています

こっそりと呼び出したりというのは、田舎の不細工なレディースの頭が、クラスで一番人気がある女子に体育館の裏で根性焼きをやるようなもので、呼び出している時点で自分の負けを認めているのと同じです。

「アベノミクス」は経済政策でありますが、そもそも政策というのは、その根底にある哲学、つまり「考え方」が異なれば、その方向性、戦略、戦術というのは変わってきます。そして、やることが異なれば、その結果も変わってきますし、外部要因の影響もあります。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ケイクス

この連載について

初回を読む
世界のどこでも生きられる

May_Roma

海外居住経験、職業経験をもとに、舌鋒鋭いツイートを飛ばしまくっているネット界のご意見番・May_Romaさん。ときに厳しい言葉遣いになりながらも彼女が語るのは、狭い日本にとじこもっているひとびとに対する応援エールばかり。日本でしか生き...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

hako613juri "@relax613abc: " 約4年前 replyretweetfavorite

konkangdj また楽しそうな記事を書いていらっしゃる。好きだなあマスコミたたき 4年以上前 replyretweetfavorite

rHiruandon 「裏番は誰か」が気になる←そーゆーことではない - 4年以上前 replyretweetfavorite

hyllique 安倍政権の諸行を「こっそりと呼び出したりというのは、田舎の不細工なレディースの頭が、クラスで一番人気がある女子に体育館の裏で根性焼きをやるようなもので、呼び出している時点で自分の負けを認めているのと同じ」と、めいろまさんが看破。 https://t.co/yAvjnvoTH0 4年以上前 replyretweetfavorite