親友の元カレでもいい? セーラーチームの友情【第6回】

「セーラームーン世代」の実態を、作品を紐解くことで明らかにしていく本連載。個別のシリーズの内容が頭に入ったところで、セーラーチームの「政策そのもの」に迫っていきます。今回注目するのは、セーラームーン達と「化粧」、そしてセーラーチームの友情関係についてです。
(初回はこちら

お化粧はしても、あくまで“ありのままの”自分

前回は、セーラーチームにとっての「悪」の主張を敵側から紐解くことによって、それと相反する主張であるセーラーチームの掲げる正義を、思想・信条ベースで考察した。ある政治的集団の主張を理解するには、彼らの掲げる政策を熟読するよりも、他党のどの政策を批判しているかを調べたほうが早いからだ。

そして今回はいよいよ、セーラーチームのいわば「政策そのもの」に迫ってみたい。

セーラー戦士たちの変身における最重要キーワード、それは「メイクアップ」というコールである。

セーラームーンなら「ムーン・プリズムパワー! メイクアップ!」、セーラーマーキュリーなら「マーキュリースターパワー! メイクアップ!」。放映が進んで変身がパワーアップするごとに「ムーン・プリズムパワー」の部分が「ムーン・クリスタルパワー」や「ムーン・コズミックパワー」等に変化するが、どのセーラー戦士も、最終シリーズまで一貫して「メイクアップ!」と叫ぶのは変わらない。

「メイクアップ(メーキャップ)」とは、言うまでもなく「化粧」のことだ。セーラー戦士たちは、仮面をかぶったり、原型を留めない容姿にトランスフォームしたりするのではなく、年頃の女子のたしなみとしての“お化粧”によって変身する。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
セーラームーン世代」を語り尽くす!

稲田豊史

90年代に大人気だった『美少女戦士セーラームーン』。その人気は20年経った今も衰えることを知らず、新アニメの放送や関連グッズの発売も話題になっています。当時リアルタイムでセーラームーンを視聴していた少女たちは、今やアラサー世代。知らず...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Yutaka_Kasuga 書きました!「お化粧=メイクアップ」の定義や理想的な5人の友情について等→ 5年弱前 replyretweetfavorite