第7回】「女」として幸せな人生って?

今や男女関係なく、自分の生き方を「選ぶ」ことが当たり前です。けれど、選択ではどうにもできないのが持って生まれた「女性」という性。価値観が変わっても、医療が進歩しても、自然の摂理は変わりません。現代の働く女性には耳の痛い、ちょっぴり古くさく感じるお話かもしれませんが、この機会に「女らしい生き方」についても見直してみてはいかがでしょうか。第6回でご紹介した「女性の一生と大切にしたいケア」と併せて、参考にしてください。

「女らしさ」はどう育てる?

—これまで、女性ホルモンとその整え方、一生を通じたケアの方法などを見てきました。女性は常に女性ホルモンと付き合いながら生きていくわけで、そうなるとできるだけ女性としてあるがままに「女らしさ」を生かしていくのが一番理にかなっていて、幸せなんじゃないかとも思います。自然なかたちで「女らしさ」を発揮するにはどうしたらいいんでしょうか。

 まず、小さいときから、男女は育て方を変えなきゃいけないと思います。男の子は筋肉と骨がしっかり発達するように積極的に運動をさせます。動き回ったり前に進んだりするのが男の子の性の特徴だし好む傾向が強いから、それを静止しないように、それでいてケガをしないように考える能力を身につけさせないといけないのね。そうやって育てていくと、思春期にテストステロンがたくさん出たときもバランスをとりやすくなるのよ。

 女の子はとにかく優しく、やわらかく温かく、体を冷やさないようにします。そして、お手伝いをしてくれたら「ありがとう。助かるわ」って言って、人に何かしてあげることが得意になるように育てるとバランスがとれてくるんです。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ケイクス

この連載について

初回を読む
おっぱいがあなたに知ってほしいこと

神藤多喜子

男性も女性も、子どもも大人も、みんなが大好きなおっぱい。つい形や大きさに目が行きがちですが、実はその2つのふくらみにはもっと深いストーリーがあるのです。女性はもちろん男性にも知ってほしいおっぱいと女性ホルモンの秘密を、『きれいをつくる...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません