旅の終わりに<最終回>

ベネチア仮面祭りの旅レポは今回が最終回。近藤ゆかり氏(白ふくろう舎)は、今は遠く離れてしまったベネチアの空に想いを馳せます。よそものとして覗き見る世界はなぜにあんなに美しいんでしょうか。

旅で出会うひとびと

旅に出ると、それが国内であっても、ただそこにいる人が勝手に映画のセットの登場人物みたいに思えて、格好よく見えたりする。自分のいる街だって、知り合いになんかほとんど合わないんだから同じ事なのに不思議だ。

ベネチアでも、水上バスの車掌さんというのか、なんというのか、駅につくと綱をクイに舫って、ぴったりのところにとめる人がやたら恰好よく見えた。とくに同世代かちょっと上の女性がやっていたりすると、もう恰好よすぎてカメラを構えることもできなくて、結果写真をとりそこねた(おじさんは撮れるというあたり、我ながら差別的であると思う)。

そういえば昔中国に行った時も、路線バスの運転手が花柄のノースリーブのワンピースを来た若い女性で、白い手袋でぐいんぐいんバスを運転するのがえらく格好良くてしびれたのを思い出す。働く姐さんが好きか、私。

店を開けながら近所の人と話していて、いきなりラララ~と歌いだすおじさんも、美容室からロココ調のカツラをかかえて出てきて、路地に入ってスプレーをふきかけている若い兄さんも、橋のたもとに腰かけて無駄にポーズをとっているサングラスのシニョーレも、みんな妙に素敵に見える。

そして子供たち。
「カーニバル用に仮装した子 たちはさらなり、素でもなほ、ハトたちのおほくにとりかこまれたる」(枕草子もどき)
なんか朦朧としてきたけど、子供の可愛さというのはもはや反則だ。

いや、うん、本当にみんな物語の中にでてくるようだよ。きっと今私がこれを書いているこの場所も、同じように格好いいんだろう。自分がよそものであればあるほどに。

▲サンマルコ広場の入り口にて

▲「さわらないでね」という看板に忠実に従うお客様

▲鮮やかな鳥みたいに目に飛び込んできた

▲着飾った妹がちょっと誇らしいお兄ちゃん、かなあ

▲小さなプリンセス、威風堂々

▲仮面の人だって観光したい(たぶん)

旅の終わりに

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
ベネチア仮面祭り〜アラフォー女ひとり旅〜

近藤ゆかり

冬のイタリア。寒くて観光客も少ない季節。しかし、ただ一カ所異様な熱気に包まれる街があります。男も女も仮面で集い、お互いの仮装を鑑賞しあう奇祭。通称「ベネチア仮面祭り」に、ずっと憧れていたひとりの日本人女性が旅立ちました。憧れのフィルタ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

osusipeoplelove ああ、やっぱり死ぬまでに絶対にベネチア行きたい… 約3年前 replyretweetfavorite

tatenokazuhiro エルデシュという天才数学者はそんな風に暮らしていたそう。/「鞄一つ持って世界中をまわりながら暮らしていくこと」 約5年前 replyretweetfavorite

keicomix うーん、いい終わり方…。案外ぺろっと夢(様々な土地で創作しながら生きる)を実現しそうだよ、白さん。 約5年前 replyretweetfavorite

46296 展示は終わりました、そしてこちらはいよいよ最終回です!是非クリックして読んでみてね~((+_+))  /ベネチア仮面祭り〜アラフォー女ひとり旅〜 https://t.co/OtV1gK4cko 約5年前 replyretweetfavorite