田中良治(Webデザイナー)→鈴木 健(SmartNews)Vol.1 どんなものに影響を受けて……

今回カンバセーションズに初登場するのは、ウェブサイトのデザインから展覧会での作品発表まで、デザイン/プログラミング領域で多彩な活動を展開している「セミトランスペアレント・デザイン」の田中良治さん。その田中さんがインタビューするのは、日本発のニュースアプリとして人気を獲得している「SmartNews」の共同創業者であり、著書『なめらかな社会とその敵』や、仮想通貨「PICSY」などでも知られる鈴木健さん。学術分野からベンチャービジネスまで、多岐にわたる領域を行き来している鈴木さんに、田中さんが聞きたいこととは?

どんなものに影響を受けてきましたか?

Q.健さんの著書では、中学時代に過ごしたデュッセルドルフのことが書かれていますが、海外で暮らしていたことは、その後の人生に何か影響を与えましたか?

鈴木:デュッセルドルフにいたのは、中学2年の5月頃から3年の1月末くらいまでですが、期間も短かったし、特に影響を受けたことはなく、どちらかというと羽根を伸ばしたという感覚ですね(笑)。ただ、中学生の頃は、「宇宙の中で自分が存在するというのはどういうことなのか?」というようなことを人生で最も考えていた時期でした。当時、山岡荘八の『徳川家康』全26巻を読んだんですけど、読み終えた後に「家康がこれだけのことをしても江戸幕府は260年しか続かなかったのか」と、なんか虚しくなってしまった記憶がありますね(笑)。


田中良治氏(セミトランスペアレント・デザイン)

Q.理数系に進んだのはどういうきっかけからだったのですか?

鈴木:もともと得意だったんですが、高校の物理の授業で、ニュートンの運動方程式などを知ったのがきっかけです。飛んだボールの落ちる場所というのを計算で割り出せることが凄いと感じたんですね。未来を予測できるわけですから。その頃から、未来や世界を記述するということに興味を持つようになり、さらに、世界というものがどうなっているのかということがわからないと、あらゆる問題は解決できないんじゃないかと思い込むようになりました(笑)。大学生になってからは、(ダフィット・)ヒルベルトや(クルト・)ゲーテルなどの数学を勉強して、世界を知るということの限界を知るようになって、世界の中で動くことそのものが知性でもあるという複雑系の考え方に共感するようになります。

Q.インターネットとの出合いはいつ頃でしたか?

鈴木:大学卒業前の1995年の夏で、ウェブブラウザ「Mosaic」との出会いから大学を休学し、インターネットを使った活動をするようになりました。その当時、僕がインターネットに興味を持ったのは、Webサーバーを経由して世界中の人たちとコンタクトが取れるということよりも、ハイパーテキスト/ハイパーリンクの仕組みの方です。これを使えば、境界を越えてテキストをリンクさせたボーダーレスな教育コンテンツが作れるんじゃないかと思ったんです。いまでいうWikipediaのようなものを作ろうとしたんですね。日本の学校教育というのは、なぜそれを学ぶ必要があるのかわからないままに教科書を読んで三角関数などを勉強し、後になってようやくその使い道がわかるというケースがほとんどですよね。意味がわからないまま念仏を唱え、まずは身体で覚えていくという日本的な教育は、一概に否定できませんが、少なくとも自分には向いていなかったし、国語、数学、理科、社会といった境界をなくし、すべてひとつにできるんじゃないかという思いがありました。


鈴木健氏(SmartNews)

「PICSY」はどうやって生まれたのですか?

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ケイクス

この連載について

初回を読む
いま、僕たちが話を聞きたい人

カンバセーションズ

インタビュアーという存在にスポットを当てるこれまでにないインタビューサイト「QONVERSATIONS(カンバセーションズ)」。毎回異なるクリエイターや文化人がインタビュアーとなり、彼らが「いま、本当に話を聞きたい人」にインタビューを...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード