イケメンには要注意(ただし真の愛を除く)【第2回】

90年代に大人気だったアニメ『美少女戦士セーラームーン』。今回からは、各シリーズを振り返りながら、劇中で登場する恋愛の場面にこめられた教訓を読み解き、今やアラサーとなった「セーラームーン世代」がそこから受け取ったものを明らかにしていきます。シリーズ第1作目の本意は……イケメンに注意!?(初回はこちら

シリーズ第1作目の本意とは……?

『美少女戦士セーラームーン』(以下、『無印』)にはダーク・キングダムという敵組織が登場して地球を脅威に晒すが、ことの本質はそこではない。『無印』で描かれているのは、過去の月世界におけるエンディミオン(地場衛として現代に転生=タキシード仮面)をめぐる、プリンセス・セレニティ(月野うさぎとして現代に転生=セーラームーン)、クイン・ベリルの三角関係である。

過去世界において地球の預言者だったクイン・ベリルが、地球の王国ゴールデン・キングダムの王子であるエンディミオンに恋をしたが、エンディミオンが好きなのは月のプリンセス・セレニティ。ベリルはこの時の失恋によって生じたドス黒い逆恨み根性を、クイン・メタリアという暗黒生命体につけ込まれてダークサイドに堕ち、現代に転生した衛とうさぎを執拗に攻撃する。

『無印』は、痛いストーカー女の壮大な復讐と失敗の話である。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
セーラームーン世代」を語り尽くす!

稲田豊史

90年代に大人気だった『美少女戦士セーラームーン』。その人気は20年経った今も衰えることを知らず、新アニメの放送や関連グッズの発売も話題になっています。当時リアルタイムでセーラームーンを視聴していた少女たちは、今やアラサー世代。知らず...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

plumes_sheep 見出しでやや拍子抜けしたが中身は面白かった。「『無印』は、痛いストーカー女の壮大な復讐と失敗の話である」 5年以上前 replyretweetfavorite

apprena_momoko ネフライトとなるちゃんのエピソード泣いたよね。ロンゲきめえとは思ってたけど 5年以上前 replyretweetfavorite

k40r1 --キャラ名がいちいち懐かしすぎる…!(←当然)クンツァイトが好きだったなー。 5年以上前 replyretweetfavorite

hnsm なにこれ面白すぎる → 5年以上前 replyretweetfavorite