3DCGソフトで描く“科学万博世代”のSFイラストレーター、星野勝之個展

翻訳・解説・エッセイ・コラムと、SF界のオシゴトを縦横無尽にばりばりこなす超人・大森望氏。氏の〈SFマガジン〉誌上の連載コラム「大森望の新SF観光局」がcakesに出張! 知りたかったSF界のあれやこれやをcakesでもおたのしみいただける週刊連載です! 今週はイラストレーター、星野勝之氏の個展をご紹介します。

 イラストレーター、星野勝之の4年ぶりの個展「星野勝之 紫煙の未来へ」が、現在、代官山の「ギャラリー スピーク フォー(GALLERY SPEAK FOR)」で開催されている(4月22日まで)。

 星野さんと言えば、SFマガジン伊藤計劃追悼号(2009年7月号)の表紙や、アーサー・C・クラーク『都市と星〔新訳版〕』チャイナ・ミエヴィル『言語都市』などのカバーイラストで、SFファンにはすっかりおなじみ。ミステリや学術書まで、ジャンルを問わず活躍してますが、なにを描いてもSFっぽくなってしまう(ご本人談)という意味では、SFイラストレーターと呼んでもいいかもしれない。

〈SFマガジン〉2009年7月号

 その星野氏の個展初日、4月10日に開かれたギャラリートークに、本誌でもおなじみSFアイドルの西田藍嬢ともどもSFつながりでお招きいただき、陳列された絵を見ながらインタビューさせていただいた。

 今回の個展のために描かれた一連のイラストは、鳥や犬や飛行機やクルマがこっちに向かって走ってくるというモチーフだが、背景となる架空の都市は共通で、同じビルが別の角度から描かれていたりするのが面白い。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

SFマガジン

この連載について

初回を読む
大森望の新SF観光局・cakes出張版

大森望

翻訳・解説・エッセイ・コラムと、SF界のオシゴトを縦横無尽にばりばりこなす超人・大森望氏。氏の〈SFマガジン〉誌上の連載コラム「大森望の新SF観光局」がcakesに出張! 知りたかったSF界のあれやこれやをcakesでもおたのしみいた...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

maniamariera 週刊SFマガジン、今日は2本更新ですよ!大森さん連載では先日の星野勝之さん個展の様子を。→https://t.co/UidT8EA4VE 書評コーナーではあのバッドエンド版『時をかける少女』完結篇をレビュウしています。→https://t.co/YRsnxtHrHk 約2年前 replyretweetfavorite

Hayakawashobo 大森望氏によるSFマガジン誌上の人気連載、cakes出張版! 約2年前 replyretweetfavorite