SF BOOK SCOPE

バッドエンド版『時をかける少女』ついに完結—法条遥『リライブ』

バッドエンド版『時をかける少女』といえる『リライト』にはじまる法条遥の4部作が『リライブ』で完結した。転生を繰り返す盲目の花嫁、小霧。彼女に向かって読み上げられたメッセージとは……? シリーズの簡単なおさらいと、読みどころをご紹介します。

法条遥『リライブ』(ハヤカワ文庫JA)

 これまで3冊刊行されてきた法条遥の《re~シリーズ》が、四冊目の『リライブ』で完結した(《re~シリーズ》という名称は、本書の佐々木敦による解説に従った)。

左より、『リライト』『リビジョン』『リアクト』

 2012年、《ハヤカワSFシリーズ Jコレクション》の一冊として刊行された第一作『リライト』は、一九九二年、ひとりの少女が2311年から来たという少年と邂逅する学園SFだった。その先は文庫書き下ろしに媒体が移動し、第二作『リビジョン』は、同じ1992年、家に代々伝わる手鏡で自分の息子が一週間後に死ぬ未来を視てしまった女性が、さまざまな手段でその未来を改変しようとする物語。そして第三作『リアクト』は、3000年から1992年に来たタイムパトロールの少女が、『リライト』で語られた出来事の真実に迫る物語だった。

 これら三作はそれぞれ独立しているようでいて、『リビジョン』を読むには『リライト』を既読である必要があり、さらにこの二作を未読であれば『リアクト』は理解できない—という構成になっている。そして、どの物語でも実に込み入ったタイムパラドックスが使われており、特に『リアクト』は複雑さが極致に達した感があった。どの一作をとっても二百数十ページという、昨今のエンタテインメントとしてはかなり短い分量のわりに、ロジックとパラドックスの凝縮感は尋常ではない。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

SFマガジン

この連載について

SF BOOK SCOPE

千街晶之

注目のSF関連新刊書籍を、いちはやくレビュウします。

関連キーワード

コメント

JR0BAK バッドエンド版『時をかける少女』,とか言うから,筒井康隆本人のセルフパロディ版かと思ったら違った. https://t.co/nLqDbTCDk0 約5年前 replyretweetfavorite

t_aldehyde 「 「結果的にこのシリーズは、増築に増築を重ねた大建築のような過剰な複雑さを誇ることとなった。」それ褒めてない気が。 約5年前 replyretweetfavorite

maniamariera 週刊SFマガジン、今日は2本更新ですよ!大森さん連載では先日の星野勝之さん個展の様子を。→https://t.co/UidT8EA4VE 書評コーナーではあの 約5年前 replyretweetfavorite

Hayakawashobo 話題の新刊SFを、いちはやくご紹介! 約5年前 replyretweetfavorite