それでも僕は、外科医をやめない

あと何回、私は合コンに行けば良いのか?

外科医で独身で、…特に変わった性癖のない雨月氏は、やはり合コンのお誘いが多いそう。とはいえ、独身をこじらせ気味の雨月氏には、恋愛と結婚におけるジレンマを感じる瞬間があるそうです。自由恋愛が許される時代だからこその、悩める独身男子の声をお聞きください。


こんにちは、外科医の雨月メッツェンバウム次郎です。

ここのところ東京は春のあたたかな雨に包まれています。 この雨が過ぎると、いよいよ初夏になりますね。 春という季節って、梅や桜で待ち遠しく思われるわりには、その終わりはあまり注目されません。ただ春は音もなく終わり、初夏がアジサイを連れてくるだけです。

そんな春の終わりは、少し寂しい気持ちになりますね。

私はアラサー男性で、独身です。 よく飲み会や合コンに誘われ参加したりしますが、なんだか飽き飽きしてきてしまったんですよ。 とはいっても、出会いの機会はそういう飲み会だけです。

……。 こりゃまずい。「独身こじらせ男子」だ。

そういう飲み会に行くのがおっくうになってしまうと、いよいよまずい。独身街道をこのまま突き進むことになってしまう。 結婚しないにしても、独り身のままです。

でも、飲み会には定期的に誘われます。 そういう会は、ちょっと歳上のアラフォーのかっこいい商社マンの独身先輩や、同年代の独身ドクターやテレビ関係者、IT関係や広告代理店の友人が誘ってくれます。他には、ちょっと歳下のベンチャー経営者とか、デキル男たち。 頻度で言ったら、月に5,6回くらいでしょうか。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
それでも僕は、外科医をやめない

雨月メッツェンバウム次郎

高学歴エリート集団だと思われがちな外科医の世界は、実は、毎日人を切り刻んでる特殊な世界です。現役医師が語る外科医の世界は、とっても不思議な世界。毎日、さまざまな患者さんと接し、手術をするなかで感じたことを、ありのままに語ります。not...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

ayakahan いつでも私でよければ相談してくださいw 4年以上前 replyretweetfavorite

kayabonbonbon すごい、本当に独身こじらせ男子だこれ言ってること。ヤバイな。 4年以上前 replyretweetfavorite

abgk すげー分かる。あの螺旋に居るのに飽きるんだよね。 4年以上前 replyretweetfavorite

i_n_m_16 雨月さんの記事は好きなんだが、これはなんだ。贅沢すぎるよ…。。 4年以上前 replyretweetfavorite