数字では単純に比較できない「リッチ度」

アメリカでは、全体の1%がお金持ちだと言われています。しかしその1%のなかでの差は非常に大きく、お金持ちとされる人のほとんどが、毎日お金の心配をしながら生活しているのだそうです。その理由はいったい何なのでしょうか? アメリカに移住し、洋書のレビューやエッセイの執筆など幅広く活躍する渡辺由佳里さんの連載。第4回は、日本のものさしでは計れないアメリカのリッチ度について解説していきます。

アメリカではどこからが「お金持ち」?

ここまで、オールドマネーとニューマネーという、アメリカの2種類のお金持ちを紹介してみました。しかし、そもそもアメリカではどれくらい収入や貯蓄があれば「お金持ち」ということになるのでしょう?

アメリカでは、「最もリッチな1%がアメリカ全体の富の40%を所有している」といったデータがよく話題になります。アメリカ人だけでなく、全世界の人々が「贅沢三昧の生活をしていても老後の心配がなく、次世代に富を残し、自分の都合がいいように政治を動かしてズルい」と悪意を抱くのがアメリカのトップ1%なので、ここに達したら金持ちといって良さそうですね。

けれども、心理学者を経て投資アドバイザーになったPhile Demuth によると、トップ1%の大半は、残りのアメリカ人と同じように、毎日お金の心配をしながら生きているというのです。

Demuthは、最もリッチな1%とは、年収が課税前で39万4,000ドル、あるいはliquid assets(現金や株など流動的な当座資金)で150万ドルと言っています。

日本円に換算すると、現在のレートでそれぞれ約4700万円、約1億7900万円。相当な金額に感じますね。

でも、異なる国の収入を単純に比べることはできません。

まず、為替レートの変動の問題があります。円の最高値(1ドル=75.54円)のときと最安値(1ドル=121.85)のときでは、アメリカ人にとって同じ40万ドルでも、日本人の感覚では3000万円に対して4900万円と大きな差があります。

なにかとお金がかかる国・アメリカ

そして、日本とアメリカでは社会保障が異なります。アメリカはただ生きているだけでお金がかかる国なのです。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
アメリカはいつも夢見ている

渡辺由佳里

「アメリカンドリーム」という言葉、最近聞かなくなったと感じる人も多いのではないでしょうか。本連載では、アメリカ在住で幅広い分野で活動されている渡辺由佳里さんが、そんなアメリカンドリームが現在どんなかたちで実現しているのか、を始めとした...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Hiroe_Suga // すごく意外でした。 5年以上前 replyretweetfavorite

bokudentw |アメリカはいつも夢見ている|渡辺由佳里 https://t.co/sxHJiZnBr1  なにかとお金がかかる国・アメリカ 収入はトップ1%なのに、中古車をお下がり →アメリカでは金持ちに対する怨嗟が気持ちが強いため税制などそれなりか? 5年以上前 replyretweetfavorite

mtkw_t まじか…> 5年以上前 replyretweetfavorite