アメリカの「オールドマネー」の意外な素顔

アメリカでは何世代も続く富豪を「オールドマネー」と呼びます。何十億の大豪邸や自家用ジェットなど、羽振りの良い生活を好む一世代の起業家たちに対し、オールドマネーの生活スタイルは、多くの資産を持っているにも関わらずシンプルなのだそうです。そんな彼ら、彼女らの「美徳」とはどのようなものなのでしょうか? 第3回は、アメリカ在住の渡辺由佳里さんが知る、あるオールドマネーの方々のお話です。

富を受け継いできたオールドマネー

歴史が浅いアメリカにはヨーロッパのような貴族階級はありません。そのかわりに上流階級として君臨するようになったのが何世代も富を蓄積した「オールドマネー」です。

代表的なオールドマネーは、18世紀から19世紀にかけてヨーロッパからアメリカに移住してきたルーズベルト、カボット、ロウウェル、デュポン、フォーブス、アスターといった一族です。政治や産業が最初に根付いたのがボストンやマンハッタンなので、富を何世代にもわたって受け継いできたオールドマネーは、今でも東海岸に集中しています。

オールドマネーの避暑地として知られているのが、ボストンやニューヨークからアクセスの良いナンタケット島。土地部分が123平方キロメートルという小ささで、しかも大部分が開発を許されない保護地です。新たに家を建てる許可がなかなか下りないので、常に供給より需要が大きく、景気が多少悪くなってもあまり不動産の価格が下がりません。過去6ヶ月に売れた家の平均価格は$2,335,652(約2億8千万円)で、最近で最も高い販売価格が$59 million(約70億円)といったところです。

別荘を持つ人の名前を挙げてみても、マイクロソフトのビル・ゲイツ、グーグルのエリック・シュミット、ゼネラル・エレクトリック元最高経営責任者のジャック・ウェルチ、デザイナーのトミー・ヒルフィガー、マイアミ・ドルフィンズ元オーナーのウエイン・ハイゼンガ……とそうそうたる顔ぶればかり。夏や祝日には小さな空港に自家用ジェット機が次々と着陸します。

けれども、何十億円もする豪邸を持ち、自家用ジェット機をお抱えのパイロットに操縦させて来る羽振りの良い人々は、ほとんどが、先ほど挙げたような、一代で巨大な富を作った起業家です。それができる資産があっても一桁安い家を買い、シングルエンジンのプロペラ機かヨットを自分で操縦してやってくるのが、オールドマネーのスタイルなのです。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
アメリカはいつも夢見ている

渡辺由佳里

「アメリカンドリーム」という言葉、最近聞かなくなったと感じる人も多いのではないでしょうか。本連載では、アメリカ在住で幅広い分野で活動されている渡辺由佳里さんが、そんなアメリカンドリームが現在どんなかたちで実現しているのか、を始めとした...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Atack20 [重要ではないことに金を浪費したくない]の部分に共感します。 5年以上前 replyretweetfavorite

okadaic よいー。相対的にみて国の歴史が浅いためか、オールドといってもこじらせてない感じなのかな。 5年以上前 replyretweetfavorite

YukariWatanabe 側近の方から聴いた2004年に民主党大統領予備選に立候補したハワード・ディーンの面白い逸話もあり> 5年以上前 replyretweetfavorite

YukariWatanabe ナンタケット島では幽霊も財産のひとつなんです(その部分は有料記事です) 5年以上前 replyretweetfavorite