目の色の変わるおばあちゃん—パリの人々vol.1

国際結婚によってパリに移住した、ライターの中村綾花さん。リニューアルした「パリジャン十色」では、時事や中村さんの日々の生活だけでなく、中村さんがパリで出会った素敵な人々を紹介していきます。今回は、パリ19区のビット・ショーモン公園で出会った、91歳のおばあちゃんの話です。

19区、パリの丘の上にあるビット・ショーモン公園。夜に近い午後、太陽の光もずいぶん弱まり、寒さを感じ始めた頃。家路にぞろぞろと帰って行くパリジャンたちとは裏腹に、 緑色のベンチの端っこで、じっと動かず大きな本を抱えて読んでいる1人のおばあちゃんがいました。

彼女にはちょっと大きすぎる黒いコートに小さな身体を包み、やわらかそうな毛糸の帽子をかぶって、真っ白な顔を少し覗かせています。

「読書中、おじゃましてすみません」

私はそう声をかけて横に座りましたが、マダムは不審がるようすはありません。まるで、私と事前にここで会う約束をしていたかのように迎えてくれました。

「昨日からね、左耳が聞こえにくくてお医者さんに診てもらおうと思っていてね、右耳は聞こえるからどうぞ」

と、右耳と身体を私のほうに傾けて。

私が何者で、なぜ声をかけたのか説明をしようとしたその時、私を見つめる彼女の目が、まるで宇宙に浮かぶ地球が二つ並んでこちらを見ているように見え、一瞬 言葉を失いました。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
パリジャン十色

中村綾花

“花の都”と称され、雑誌やテレビでもその優雅なイメージが特集されることの多い、フランスの首都・パリ。パンやスイーツはおいしいし、ファッションは最先端だし、歴史ある建物たちも美しいし、住んでいる人もおしゃれな人ばかり……と思いきや、パリ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

saolin7 味わいあるパリの人々もまた、パリを構成する文化遺産だとつくづく思う #フランス #パリ 2年以上前 replyretweetfavorite

ayakahan いよいよ公開!|[今なら無料!]生粋の日本育ち女子がのぞいた、泥臭くて“すっぽんぽん”なパリの日常! 2年以上前 replyretweetfavorite