春の京都で楽しむ!「桃山時代の狩野派」

日本の昔ながらの美学といえば、「詫び・寂び」が代表的。しかし実は、縄文土器、歌舞伎、浮世絵のように、詫び・寂びとは逆の方向性を持つ、ド派手な表現も、日本文化には存在します。そちらの、きらびやかな世界を堪能できるのが、現在京都国立博物館で開かれている「桃山時代の狩野派 -永徳の後継者たち-」。桜のころは過ぎましたが華やいだ雰囲気のつづく京都、この機会に足を運んでみませんか?

桜のころは過ぎたといえ、陽気に誘われて人出も多く、春の京都は華やいだ雰囲気に包まれています。東山にある京都国立博物館で開かれている「桃山時代の狩野派 -永徳の後継者たち-」を観に、こちらまでやってまいりました。


《洛中洛外図屏風》富山・勝興寺

日本の美術は大まかに見て、ふたつの流れを有しています。まずは「侘び・寂び」といった言葉に象徴されるような、地味で渋くて、けれどじっくり味わえばジワジワとよさがこちらの内側に沁みこんでくる表現。山水画や書、枯山水の庭園に能の舞台もそうでしょうし、文芸でいえば短歌や俳諧などがこれにあたりましょうか。

もうひとつはまったく逆の方向性を持つ、きわめて派手で突拍子もない形態や内容、色使いを擁する表現です。縄文土器、歌舞伎の舞台、浮世絵の数々が代表的なものといえましょう。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ケイクス

この連載について

初回を読む
アート・コンシェルジュからの便り

山内宏泰

世に“アート・コンシェルジュ”を名乗る人物がいることを、ご存じでしょうか。アートのことはよく知らないけれどアートをもっと楽しんでみたい、という人のために、わかりやすい解説でアートの世界へ誘ってくれる、アート鑑賞のプロフェッショナルです...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

reading_photo 日本には侘び寂びの美学とは逆に派手な文化もあります。そんな京都国立博物館の展覧会を紹介。  5年以上前 replyretweetfavorite