日用品でインスタレーション? ジム・ランビー「Sun Rise Sun Ra Sun Set」

身近な日用品を用い、色鮮やかなインスタレーション作品を生み出すことで知られるジム・ランビーの個展「Sun Rise Sun Ra Sun Set」が南青山のラットホールギャラリーではじまっております。現代アート作家として世界的に高い評価を受けているだけでなく、ミュージシャンやDJとしても活動するランビーの作品には、音楽やポップカルチャーの要素もしばしば見られるのだとか。「色」と「かたち」から感じとれるメロディを、この機会に体感してみてはいかがでしょうか。

アートの話題のなかでは、しばしば「インスタレーション」という言葉を耳にしますね。これ、日本語にそのまま写すのがなかなか難しい単語です。いろいろな素材をある空間に配して、その空間全体をひとつの作品と見なす表現方法、とでも申しましょうか。

ただし観る側からしてみれば、インスタレーション作品と接するのは、そんな難しいことではありませんね。作者が空間全体を使って醸し出そうとした「色合い」や「空気」に、心地よく浸れればいいのですから。むしろ、知識や関心の濃淡とは関係なく、だれでも手軽にその場を楽しむことができる、ひじょうに民主的で親しみやすい表現といえるでしょう。

インスタレーションのおもしろさを、最良といっていいかたちで味わえる展示が始まっています。東京の地下鉄表参道駅にほど近い、ラットホールギャラリー。こちらで開催の、ジム・ランビーによる個展「Sun Rise Sun Ra Sun Set」。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ケイクス

この連載について

初回を読む
アート・コンシェルジュからの便り

山内宏泰

世に“アート・コンシェルジュ”を名乗る人物がいることを、ご存じでしょうか。アートのことはよく知らないけれどアートをもっと楽しんでみたい、という人のために、わかりやすい解説でアートの世界へ誘ってくれる、アート鑑賞のプロフェッショナルです...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

reading_photo cakesの連載、更新しました。→ 約4年前 replyretweetfavorite

itocchi_k 自転車のホイール使ったこんなアート始めてみ た 約4年前 replyretweetfavorite