意識の高い学生(笑)」たちは、どこへ行ったのか?—vol.2

NHK BSプレミアムでドラマが始まるなどして、少しずつ全国に広まっている言葉「意識高い系」。その定義とはいったいどのようなものなのでしょうか?また「意識の高い学生(笑)」の実態から見えてくる日本の問題についても「意識高い系ウォッチャー」でもある評論家の常見陽平さんに語っていただきます。

 連載2回目の今回は、00年代後半に一世を風靡した「意識の高い学生(笑)」について考察することにしたい。今でこそネットスラングになり、NHK BSプレミアムのドラマでもテーマとして使われている「意識高い系」。この言葉は、もともとは就活中の学生の中から生まれた言葉だった。3月から2016年度卒業生の就職活動がスタートし、街中でもリクルートスーツに身を包んだ学生をよく見かける今、「意識高い学生(笑)」について言及することにする。

「意識の高さ」をどう測定するのか?

 「意識高い系」について論じると、「意識の高いことは良いことなのだから、それをバカにするのはいかがなものか」というご意見をいただく。
 私は、「意識が高い」こと自体は悪いとは思わない。ただ「意識“だけ”」高く、空回りしている様子、有言だけで実行が伴わない様子というのは、滑稽であり、迷惑をかけられることも多々ある。そういった「意識(だけ)高い」ことに対して、憧れたり、礼賛したりするのもいかがなものかと思うのだ。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
意識高い系」ハルマゲドン—現代社会の勘違い野郎への処方箋

常見陽平

「意識高い系」という言葉をご存知ですか? それは、向上心は高いが何か空回りしていて、実力・行動・結果が伴わず、しかもそれに気づいていない「人生の遭難者」を指すネットスラング。この春から、NHK BSプレミアムで「意識高い系」を題材にし...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Singulith >「採用担当者の視点で言うならば、大事なのは「何」をやったかではなく、「どう」やったか、「誰」とやったかだ。  そして、そのエピソードから垣間見える価値観、行動特性などからジャッジしていく」  https://t.co/oMdsAkMmgE 5年以上前 replyretweetfavorite

ShotaHatakeyama 国際協力って学生団体も多いけど、修士号取得がデフォの分野でもあるので、見分けやすいかな。 > 5年以上前 replyretweetfavorite

RieDorji 集団での就職活動って私にはやっぱり奇異に思えるのですが、「マニュアル本を読んで演じなければならない」時代の被害者には同情します。 5年以上前 replyretweetfavorite

TDSei 自分はそうだった。 "自分の見栄えがよくなるための努力だけをし、居心地のいい人間としかつるんでいないため、社会で本当に必要な力が身についていない' 5年以上前 replyretweetfavorite