ブラーノ島の幻

ベネチア中心部から船で40分程いったところに有名なブラーノ島があります。色とりどりのブラーノ島の家群をテレビなどで見たことがある人も多いのではないでしょうか。青い空のキャンパスに各々好きな絵の具で塗りたくったような極彩色の建物群に囲まれ、近藤氏はものすごい多幸感に包まれて…ある幻のような出来事に遭遇します。さて、ブラーノ島警察を震撼させた驚くべき事件とは……?

ブラーノ島の幻

船にゆられて小一時間。ムラノ島も過ぎ、いよいよ目当てのブラーノ島へ。おお、本当に家の壁が色とりどりで可愛らしい。運河沿いにはレースや仮面のお店がならぶ。ふらふらと写真を撮りながら歩いていくと、同じ船から降りた観光客もまばらになってきた。そして、その先に見えてきたレストラン。も、もしやここは、ネットで見て「行けたらいいなあ」と思っていたお店じゃないか!

黒猫の看板。間違いなし。外のテーブルも中のテーブルもだいたい埋まっているけれど、お昼過ぎなこともあって並んでいたりはしない。もしかして、一人だけど、予約なしだけど、大丈夫かもしれない。

メニューをのぞきこんだり、入口をのぞきこんだり、うろうろしてみても、店員が誰も声をかけてくれない。意を決して、入口ちかくのシニョーレをつかまえて、「予約はしてないんだけど、食べたいんですが」と話しかけたら「あ!お客だったの?これは失礼」という感じで、奥の若いウエイターを呼んでくれる。ああ、あのヤング(死語)が英語担当なのか。それはそうだ、イタリアにだって英語アカン人はいくらもいるのだな。

奥のテーブルに通してもらい、メニューをもらう。日本人の団体客のとなりのテーブルなので、なんとなく、ほっと力が抜ける。

人気店なのか、かなり待たされたが、折角なのでと頼んだシーフードどっさりのパスタも、テーブルに気前よくおかれたいろいろなパンやクラッカーのようなものも、勧められてつい頼んだ白ワインも(最初にガス入りの水を頼んだのでお腹はたぷたぷだけど)、とてもおいしかった。

イタリアのパスタはもちもちしておいしい。魚介たっぷりのソースもおいしい。

デザートにケーキかティラミスは?ときかれたが、お腹いっぱいだし、予算的にもそれなりになっていたのでここでおしまい。そしたら、1ユーロおまけしてくれた。

お腹もふくれ、心穏やかに島の散策を続ける。広場に出ると、イベントなのか、この島でもカーニバルなのか、あざやかな仮装の人たちや子供たち、ダンスをするティーンたちが集まっている。

お祭り!!

またしても血がたぎる。本島のそれとは大分様子が違って、より現代風というか、地元密着な感じのイベントのようだが、それだけに和気藹々として、楽しそうだ。

お祭り、お祭り、と犬っころのように走り回りながら写真を撮らせてもらったり、ダンスを眺めたり、

浮かれていた。

ものすごい多幸感、から突然我に返る。

いかんいかん、カバンのファスナーまで開けっ放しでうろついていた。中身を確かめなくちゃ。

長財布にはラインストーンのチェーンをつけて、カバンからうっかり落としたりしないようにしてあるのだ。よしよし、とチェーンを手繰る。チェーンはくるりと輪を描いて、最初の留め具にもどってきた。

え?

財布。財布?!

全身の血が引く。が、落ち着いてもう一度調べる。もう一度、いや、まてまて、もう

一度…って、

やーらーれーた!!

祭りでスリにあうなんて、どれだけ抜けた、典型的な平和ボケ観光客だ。これだから出発前日に母親が、もう高齢の母親が「明日からじゃもう私がついてくわけにもいかないし」と半ば怒りながら心配の電話をしてくるのだ。それが嫌で前日まで知らせなかった訳だが、ってそういうこと言ってる場合ではなーい。

とりあえず、近くにいた人にポリスボックスの場所をききまくる。ここは本島より英語が通じにくい気がする。それでもポリス、という言葉と、なんとなくただならない形相から、オレよそものだから知らないよ、とか、あっちの奥!とか、ちょっとずつ情報を拾いながら、最後は親切な若者に連れて行ってもらい、広場の裏側のポリスボックスに。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
ベネチア仮面祭り〜アラフォー女ひとり旅〜

近藤ゆかり

冬のイタリア。寒くて観光客も少ない季節。しかし、ただ一カ所異様な熱気に包まれる街があります。男も女も仮面で集い、お互いの仮装を鑑賞しあう奇祭。通称「ベネチア仮面祭り」に、ずっと憧れていたひとりの日本人女性が旅立ちました。憧れのフィルタ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

46296 ニヒル牛2、私達の展示の次は恒例「旅の本」展です。昨年私が出したベネチア旅行記ですが、ただいまこのサイトで一部をお読みいただけます。 5年以上前 replyretweetfavorite

vertanl  いい話。 5年以上前 replyretweetfavorite

46296 ベネチア旅連載更新されました!ある意味ハイライト回でして、読んで頂きたいような、読まないで欲しいような…(^_^.)  5年以上前 replyretweetfavorite