電気サーカス 第24回

電話回線とテレホーダイでネットに接続していた時代。『テキストサイト』をはじめた“僕”は、友人たちと共同生活を送っていた。そんなある日、オフ会で知り合った中学生、増岡こと“真赤”と食事へ行き、複雑な家庭環境を明かされて……。

 フロントに置かれている古いパソコンは、電源スイッチを押すと入れっぱなしのフロッピーディスクを読み込んで、カラオケボックスの部屋の利用状況を管理するプログラムが自動的に立ち上がるようになっているのだけれど、ここでフロッピーディスクを抜いて起動させたならば、MS-DOSの黒い画面が表示される。
 嗚呼懐かしい。これは、僕がはじめて手にしたパソコンでよく見た画面と同じだ。ほんの数年前のあの頃は、今ほどパソコンというものは普及していなくて、僕にとってそれは、ゲルマニウムラジオの電子工作キットのような、子供向け科学雑誌に付いてきた昆虫標本セットのような、どこか秘密めいた機械だった。僕はそのパソコンで、ゲームをしてみたり、パソコン通信をしてみたり、絵を描いてみたりしたものだ。
 このパソコンも、やろうと思えばそういった様々な用途に使えるのだけれど、毎日同じプログラムばかりを走らせて、他のことはさせてもらえない。そして、おそらくこの店では、僕しかこのパソコンのそうした多様性を知らないのだ。他の店員たちはパソコンといえばWINDOWSしか知らないこともあり、これを見ても、どうも、部屋管理専用の機械としか認識していないようなのである。それはなんというか、毎日工事現場で棒を振っている初老の警備員を見ても、彼がサラリーマン時代に部下の責任をとって辞めたことや、初恋の少女と文通をしたことや、少年時代に絵を描いてみんなに褒められたことや、父と母の希望を一身に受けて生まれて来たことなどを誰も想像しないのと似て、寂しいものだと思う。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

週刊アスキー

この連載について

初回を読む
電気サーカス

唐辺葉介

まだ高速デジタル回線も24時間接続も普及しておらず、皆が電話回線とテレホーダイを使ってインターネットに接続していた時代。個人サイトで自己表現を試みる若者達がいた……。

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード