江戸のお仕事体験してみた【前編】

「不景気だし、まあ働けるだけましか」 連日の残業で会社に居残る鈴木。誰もいなくなったオフィスで伸びをしながら、ふとつぶやくと。なんとまたあのおかしな猫があらわれて…。

2月21日発売『おかしな猫がご案内 お江戸はニャンとこうだった』(もぐら著)より、内容をご紹介していきます。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
お江戸はニャンとこうだった

もぐら

日々の生活に不満や悩みを抱えるサラリーマン・鈴木。出社前、些細ないことで妻と口論し、慌ただしく玄関のドアを開け会社に向かおうとすると、目の前におかしな猫があらわれた。するとあら不思議、気がつくとそこは江戸時代。茫然自失の鈴木だったが、...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません