読書で賢く生きる。

いつの時代も、最後は「松下幸之助」—vol.5

無数の本が刊行されているご時世ですが、タレント本でも良書はあるし、ビジネス書でもそうでないものは多いと語る3人。海外でも売れているベストセラー本などに切り込みながら、「いい本」を見抜くのに必要なことについて考えます。中川淳一郎さん、漆原直行さん、山本一郎さんの「ビジネス書ぶった斬り」3人組が〝読書を武器に生き残る知恵〟を伝授する著書『読書で賢く生きる。』。cakesでは「出版によせての鼎談」を公開していきます。

自分なりの物差しで考える

山本一郎(以下、山本) タレント本だってそうですね。ちゃんとゴーストがついてる本って読めるじゃん。

漆原直行(以下、漆原) しかも意外といい本だったりするしね。

山本 もちろんどんなチャネルのコンテンツにも良貨と悪貨があってさ。「この素材でこういうものを伝えるんだ」という作り手の魂が込められた本と、「そこそこ売れりゃいいや」という低いモチベーションで作られた本が並んでいると、両者の間には明確な佇まいの違いがあったりします。

漆原 確かに。イベントで話題にのぼった本でいうと『修造思考!』は明らかに前者だった。珍しいことに、山本さんと僕の意見が一致しているんですよ。「ゴーストが優秀」という一点において。

人生を変える 修造思考!
人生を変える 修造思考!

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
読書で賢く生きる。

中川淳一郎 /漆原直行 /山本一郎

先が見えず、目標も持ちづらく、人生に迷っている人が多い今日このごろ。書店にも、そうした不安を見通したかのような自己啓発書やビジネス書が多く並んでいます。しかし、あまりにもトレンドが変わりやすく、多くの本が出版されているこのご時世に、本...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

DaishiZeppelin  失敗しながら覚えますた 2年以上前 replyretweetfavorite

NaO_UrUsY 鼎談連載5回目! 初めてipadを見た人みたいな顔してるし  2年以上前 replyretweetfavorite

unkotaberuno 出たぞ。つーか、いつまで続くんだw→ 2年以上前 replyretweetfavorite

feilong 1件のコメント http://t.co/zKqZkwTaov 2年以上前 replyretweetfavorite