日本の保守はなぜ女ばかり責めるのだろう

日本中に衝撃を与えた、川崎市の中1殺害事件。多くのメディアでさまざまな意見が論じられましたが、そのなかでも話題となったのが林真理子さんのコラムです。被害者の方の母親を非難するようなその内容から、昔から林さんの著作のファンであったというMay_Romaさんは何を感じたのでしょうか?

林真理子女史は「あちら側」の人間になってしまった

ちょっと前の話になりますが、川崎市の中1殺害事件において、様々な評論や意見が発表されました。

その中でも群を抜いてアレだと話題になったのが、林真理子女史が某週刊誌に発表したコラムでした。

真面目なワタクシは行きつけの耳鼻科でこの号を読みました。内容を超訳すると「夫がこのご時世にこういうことを書くのはどうかといっていたけども、被害者の母親は何をしていたのか。世の中の母親は子供を守れ。母親はもっとしっかりしなければならない。母親になったら女を捨てろ。彼氏なんかいらないだろう。しかし、ダメな母親は週刊誌を読む習慣すらないだろう」ということでした。

ある意味おっしゃる通りの内容でありますが、ただ、被害者の男の子は、自分の状況を母親には隠していた可能性がありますし、加害者は、どんなに親が男の子を守ろうとしても、何かの隙に暴行を加えたり、殺害してしまった可能性があります。そういった人達が、常識とか良心が通じる相手とは限りません。

そもそも、父親は家族を放り出して好き放題やっていたわけですから、老いた親と、たくさんの子供を抱え、経済的にも困窮していた子のお母さんを責めるのは、まさに鬼畜の心という他ないでしょう。

最初ワタクシは、林女史は、デヴィ夫人とか曽野綾子女史のような枠を目指しているのかなと考えたのでありますが、女史の社会的地位とか読者層というのを考えると、さもありなん、と思いました。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ケイクス

この連載について

初回を読む
世界のどこでも生きられる

May_Roma

海外居住経験、職業経験をもとに、舌鋒鋭いツイートを飛ばしまくっているネット界のご意見番・May_Romaさん。ときに厳しい言葉遣いになりながらも彼女が語るのは、狭い日本にとじこもっているひとびとに対する応援エールばかり。日本でしか生き...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

moetreehaihai めいろまさんの喝破は気持ちいい!下流の宴を忘れてしまった林女子は読んでいるでしょうか? 約2年前 replyretweetfavorite

chieko_hk 林真理子さんと言えば「アグネス論争」を思い出す。働く女性の身方でしたが、あっち側に逝ってしまいました。〜 約2年前 replyretweetfavorite

show6volta 「林女史は…人に何を言われても気にせず、刈り上げ頭で大笑いし、従来の女性観をぶち壊す素敵な存在でした」「毛皮や着物を着た有名人といくら歌舞伎に行っても世の中の大半の人々の生活を想像することはできない」 @May_Roma|cakes https://t.co/BLTtAUz1so 約2年前 replyretweetfavorite

iki_tanaka 貧しさの記憶や経験は、あちら側に踏み込んだ途端に上書きされ、さらに保守化する、のだろうな→ 約2年前 replyretweetfavorite