日本とは違う!? パリの「ベビーシッター」事情

フランス人と結婚し、パリに移住したライター・中村綾花さんによる、ありのままのパリの日常をレポートする本連載が一周年を期にリニューアル! 日本やパリの時事ニュースを交えながら、パリジャンの生の声をお届けしていきます。今回取り上げるテーマは「ベビーシッター」。パリに住む3人のママに突撃取材を試みました。日本とパリではベビーシッターについての考え方に違いはあるのでしょうか?

こんにちは。パリでセレブとはかけ離れた質素生活を地でいく中村綾花です。今日も靴下に穴があいているけど気にしません。だってパリってそういうところだから!

さて、「すっぽんぽんパリ」をリニューアルしたこの連載。これからは、日本やパリのニュースを取り上げ、パリジャンたちへのインタビューも交えてお伝えしていこうと思います。パリの「花の都」的イメージをぶち壊し、パリジャンたちのリアルや本音を知ることで浮き出てくる「日本」の姿をお届けできれば幸いです。

初回で取り上げるテーマは「ベビーシッター」です。

日本では最近、モデルの道端アンジェリカさんが「週に一回は子供をベビーシッターにみてもらいたい」と発言したことが話題を呼んだそうですね。

ネット上で「親としてあり得ない」や「育児なめてる」など批判的な意見も多かったようですが、日本と違ってパリジャンたちはベビーシッターについてどう考えているのか? 今回は近所のママさんたちに、ベビーシッター事情を突撃インタビューしてきました。

私の住まいはパリの20区で、低所得の移民から中流以上の BOBOまで、さまざまな経済状況の家族が暮らす雑多なエリアです。私がむかし東京で住んでいた江戸川区に似ているので妙に落ちつきます。

ベビーシッター利用は週に12時間以上!

まず話を聞いたのは、近所の公園で見つけたクリスティーヌさん(37)。ご自身はマーケティング系の仕事で、旦那さんはマスコミ系。お子さんは、娘さんと息子さんの1人ずつで、なんと週に12時間はベビーシッターを利用するそうです。

「私と旦那の仕事が19時~20時に終わることがほとんどなので、保育所の迎えと、私たちが帰宅するまでの間の面倒をベビーシッターに頼んでいます。それ以外に、夫や友人らと夕食に出かける時にも お願いしていますが、これは月に1度か2度くらいですね。これ以上ベビーシッターを頼むのは罪悪感があるんですよ」とのこと。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
パリジャン十色

中村綾花

“花の都”と称され、雑誌やテレビでもその優雅なイメージが特集されることの多い、フランスの首都・パリ。パンやスイーツはおいしいし、ファッションは最先端だし、歴史ある建物たちも美しいし、住んでいる人もおしゃれな人ばかり……と思いきや、パリ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Kawauso0124 妻もフルタイムで働いてれば使いたいよね。当然。 2年以上前 replyretweetfavorite

pommeblanc 人それぞれ。 2年以上前 replyretweetfavorite

idea_ink 中村綾花さん連載リニューアル! 2年以上前 replyretweetfavorite

ushisantoasobu 確かに、家庭ごとにそれぞれの価値観があっていいと思う 2年以上前 replyretweetfavorite