前編】実は、『よつばと!』へのオマージュでもあるんです

地方都市発のフリーペーパー「美少女図鑑」とのコラボ企画、「彼女写真」が好評の写真家・青山裕企さん。全国各地の「娘」と「お父さん」のジャンプ写真を収めた『むすめと!ソラリーマン』の刊行記念に、ブロガーの家入明子さんとのツイキャス対談が行われました。実は家入さんの元夫である家入一真さんが過去の「ソラリーマン」に出演しているという因縁もあるお二人からは、いったいどんな話が飛び出すのでしょうか?

そういえば、うちの夫も出てました


櫻井父娘

— 今日は、青山裕企さんの写真集『むすめと!ソラリーマン』刊行記念ということで、青山裕企さんと家入明子さんにお越しいただきました。まず、これがどんな本かということを、青山さんに説明していただいていいですか?

青山裕企(以下、青山) この本は、僕のライフワークである「ソラリーマン」シリーズの3冊目で、「ソラリーマン」というのは「ソラ跳ぶサラリーマン」の略称です。見てもらえばわかるように、サラリーマンがジャンプしている写真ですね。

むすめと! ソラリーマン (ダ・ヴィンチBOOKS)
むすめと! ソラリーマン (ダ・ヴィンチBOOKS)

— サラリーマンを「跳ばせる」、ことにこめている意味があるんですよね。

青山 はい。かれこれ10年近く、ソラリーマンを撮影してきました。今回の『むすめと!ソラリーマン』は、タイトルの通り父と娘、親子をモチーフにした写真集です。

— 今までは基本的に、サラリーマンが一人で跳んでいる写真でしたから、「親子」という切り口が入ってきたのはかなりの変化です。なぜ「娘と」なんですか?

青山 前から、ソラリーマンを撮る中で「家族と一緒に撮ってみたらどうなるのか」といった案を、考えていたんですよね。家族全員で跳ぼうとか、家族の中にソラリーマン一人とか……。そういうアイデアを、実験的に一年くらい試してみて今の、娘の隣で、父が跳ぶ形になったんですが、その過程で協力していただいたというか、一緒に考えていただいたのが、マンガ『よつばと!』のプロデューサーの里見英樹さん(よつばデザイン代表取締役)なんです。なので、『よつばと!』に対するオマージュみたいな面もあって。

— たしかに。「むすめと!」、って、「よつばと!」みたいな感じですもんね。

青山 まさにそうです。公認です(笑)。

— 公認なんですね(笑)。さて、今日は家入明子さんにもお越しいただきました。

家入明子(以下、家入) よろしくお願いします。

— 家入さん自身、息子さんと娘さんを育てている母親で、同時に1人の女性つまり娘という立場でもあります。そして、家族についての鋭い洞察をブログで発信されています。それで今回来ていただいたんですが、そういえば、旦那さんがソラリーマンに登場しているんですよね。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

ソラリーマンは美少女に勝てる。—家入明子×青山裕企対談

紫原明子 /青山裕企

地方都市発のフリーペーパー「美少女図鑑」とのコラボ企画、「彼女写真」が好評の写真家・青山裕企さん。全国各地の「娘」と「お父さん」のジャンプ写真を収めた『むすめと!ソラリーマン』の刊行記念に、ブロガーの家入明子さんとのツイキャス対談が行...もっと読む

関連記事

関連キーワード

コメント

akira_jt かけ算で最初を固定する。両方を「何でもあり」にするよりも関係の多様性が強調できる 4年以上前 replyretweetfavorite

kuma_kuma よつばと!オマージュだったのかw http://t.co/9503C5YEQP 4年以上前 replyretweetfavorite

mikzo おもしろかった!→ 4年以上前 replyretweetfavorite

akitect これな!“@akitect: ” 4年以上前 replyretweetfavorite