堤未果の思い—「核なき世界」のために、私たち日本人にできることは山ほどある。

坂本龍一さん、吉永小百合さん、重松清さん、堤未果さんをはじめとするみなさんの平和を願うメッセージと美しい写真が集いました。『No Nukes ヒロシマ ナガサキ フクシマ』というA5判の1冊にまとめられ、4/16に刊行されます。 連載2回目は、堤未果さんが寄稿した「『核なき世界』の先を描く」をcakesに特別掲載いたします。おなじく同書に寄稿している、福島出身の詩人・和合亮一さんのトークイベントが、5月2日、福島で行われます。申し込みは4月13日まで。お近くの方は奮ってご参加ください。

長崎の浦上天主堂に残された聖像の右手首。浦上天主堂は、戦前、瀟洒なレンガ造りで東洋一の大聖堂とうたわれた。8月9日に投下された原爆で建物はほぼ全壊し、周辺一帯で約8500人の信徒が亡くなった。(写真/溝越賢、金川雄策)


「核なき世界」の先を描く

堤 未果

「劣化ウラン弾」という言葉を聞いたことがあるだろうか? 原発廃棄物の劣化ウランから作る機関砲弾で、分厚い戦車鋼板を貫通し、ガス化する際の高熱で戦車内の敵兵を即死させ、放射性ガスを放出する強力な兵器だ。

 劣化ウラン弾は、ボスニア・コソボ紛争でNATO多国籍軍に、湾岸戦争、イラク戦争、アフガニスタンで米英軍によって大量に使用された。粉塵を吸い込んだ兵士たちが帰国後に肺障害や腎臓障害などを発症するケースが相次ぎ、イラクでもがんや白血病、先天性障害など、明らかに放射性物質による健康被害症例が急増している。

 だがアメリカ政府は当初劣化ウラン弾の危険性を兵士たちに知らせなかった。兵士たちは何も知らされず、帰国後の健康被害はPTSD(心的外傷後ストレス障害)として診断されてしまう。おかしいと思っても誰にも相談できず、孤独の中で薬漬けになる者が続出し、帰国後の自殺者数が戦死者数を上回るようになった。少数の兵士が勇気を出して裁判に踏み切るも、結果は全敗。差し出される言葉はいつも同じだ。「劣化ウラン弾と、被爆症状との因果関係は認められない」マスコミが流し続ける「テロの脅威」報道の中、帰還兵たちの声なき声はかき消され、米国民には届かない。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
核なき世界」はきっと来る—写真と言葉の平和ミュージアムへようこそ

『No Nukes ヒロシマ ナガサキ フクシマ』編集部

坂本龍一、吉永小百合、重松清、堤未果をはじめとするみなさんの平和を願うメッセージと美しい写真が集いました。『No Nukes ヒロシマ ナガサキ フクシマ』という大判の1冊にまとめられ、4/16に刊行されます。発売に先駆け、その一部...もっと読む

関連記事

関連キーワード

コメント

TsutsumiMika 4/16に「No Nukes」(講談社)が刊行されました。吉永小百合さん、重松清さん、益川敏英氏など複数の方々との共著です。 私も 3年以上前 replyretweetfavorite