売春・デフレ脱出・電子書籍

年内最後の山形浩生さんによる書評連載です。年末年始のお供となる本をぜひ見つけてくださいね。取り上げる本は、ダニエル・カーネマン『ファスト&スロー』(早川書房)、友野典男『行動経済学』(光文社新書)、浜田宏一『アメリカは日本経済の復活を知っている』(講談社)、荻上チキ『彼女たちの売春(ワリキリ) 社会からの斥力、出会い系の引力』(扶桑社)、飯田泰之『思考の「型」を身につけよう』(朝日新書)です。また、電子書籍の話も出ていますよー。そして、2013年も良い本や濃い本をこのコーナーでは山形さんが紹介していきますので、ご期待ください!

今年もそろそろ終わり……というのはこれを書いている時点での話。年内にアップロードされるはずだけれど、皆さんの中には年が明けてから読むことになる人も多いかもしれない。こちらは先週に日本に戻ってから本屋をあれこれ漁って必死こいて読んでいるところで、今回はおもしろそうなタイトルを流すだけになってしまうけれど、遅ればせながら年末年始の読書の参考になれば幸い。

で、やはり本として注目すべきなのは、ダニエル・カーネマン『ファスト&スロー』(早川書房、上下)。行動経済学の雄としてノーベル経済学賞まで取った心理学者ダニエル・カーネマンの集大成だ。行動経済学については、最近はいろいろ概説書が出ている。人間が完全に合理的ではなく、100円の得を求めるより、100円の損を何倍も嫌がるとか、金銭的には同じ判断でもそれを一年先のこととしてやる場合と、目先のこととしてやる場合では判断がちがってくるとか。

本書は、カーネマンがいかにしてそうした問題に関心を持ち、驚くほど簡単な実験を組み立てて仮説を実証したか、そしてそこから何が言えるかについて、本人がていねいに語ったもの。高度な内容もあるけれど、とてもわかりやすいしその意義も明解だ。上下巻にわたる長くて分厚い本だけれど、とっても楽しいので紅白歌合戦を見る暇があったら是非ともこいつを読んでほしい。

いや、他に出ている概説書とちがうことが書いてあるわけではない。でも、創始者がどういう問題意識でそれに取り組んでいたかというのは、ある学問分野の成立にまで踏み込む体験。ビジネス系のサクセス本を読むよりも臨場感ある、新分野開拓の現場を感じられると思う。どうしても長い本はいやだというなら、友野典男『行動経済学』(光文社新書)などでその結果だけを読むこともできる。でもせっかくお正月で時間もあることだし。

彼女たちの売春(ワリキリ) 社会からの斥力、出会い系の引力
彼女たちの売春(ワリキリ) 社会からの斥力、出会い系の引力

さて、もう少しシリアスな(多少は陰気な)本が荻上チキ『彼女たちの売春(ワリキリ)』(扶桑社)。最近の若い者はけしからんとか、風紀が乱れておるとかいった、年寄りの印象だけの感想文とは全然ちがう。大量のインタビューと統計データに基づいた、きちんとした社会学的な分析。売春といっても出会い喫茶での売春だけで、ソープその他は入っていないけれど。調査としても実にしっかりした力作で、いろんなインタビューを通じて売春をする女性たちのみならず、それを余儀なくさせている社会のありかた、セーフティネットの危うさにまで分析が及ぶ。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ケイクス

この連載について

初回を読む
新・山形月報!

山形浩生

経済、文学、コンピュータなどの多方面で八面六臂の活躍をする山形浩生さん。その山形さんが月に一度、読んだ本、気になる現象について読者にお届けする密度の濃いレポートです。

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

canno696show 関係する様々なことがらを横断し、その過程で良書を紹介していくこのスタイル自体が、とても面白かった。どれもこれも読みたくなってしまいます。   第七回  5年以上前 replyretweetfavorite

junpq @canno696show cakesの有料記事限定公開で、山形さんの記事がありますが、チキさんの本、シノドスへの言及がちょこっと https://t.co/XH6pn75DVT 評価高いですねー 5年以上前 replyretweetfavorite

die_kuma 贅沢な山形浩生さんの書評連載からは第七回 第一一回を!|山形浩生| 5年以上前 replyretweetfavorite