それでも僕は、外科医をやめない

初めて会った人に好かれる方法〜3分間チェッキングを駆使せよ〜

初対面は、医者と患者の関係であっても、とても大事。医者は持ち前の観察眼をもってして患者を一瞬でプロファイリングします。あなたもプロファイルされているかもしれません。今回のお話は、そのプロファイルを逆手にとって、初めて会った人に好かれる、ある方法を提案します。


こんにちは。外科医の雨月(うげつ) メッツェンバウム次郎です。

三寒四温が過ぎ、ようやく暖かくなってきました。一歩病院から外に出れば桜も咲き誇り、春爛漫といった陽気です。

病院では花粉症の患者さんが爆発的に増え、病棟のナースにまで花粉症の「抗ヒスタミン剤」を処方しました。

「春は別れの季節」と前回申しましたが、4月に入ると途端に「出会いの季節」に変わります。病院にも新人のナースや研修医がたくさんいらっしゃいました。

そこで、今回は「初めて会った人に好かれる方法〜3分間チェッキングを駆使せよ〜」と題して、初対面の人とどうコミュニケーションをとるか、私が実際に意識しているやり方についてお話し致しましょう。

私はバイト先の病院などで外来をしていますが、たまに「初診」と電子カルテにマークのついた、初めてお会いする患者さんがいらっしゃいます。

「初めまして、今日はどうされましたか」とお話を始めるのですが、その前に私は診察室に入ってきてから席に座るまでのほんの数秒間患者さんをじっと観察することにしています。

例えば奥さん連れの中年男性の場合。

診察室に入る時、「失礼します」と言って入ってくる患者さんもいますし、奥さんが代わりに挨拶を言う人もいます。無言で入ってくる人もいますね。

それで奥さんとの関係性も少しわかります。そしてその声のトーンと表情、目が合うか否かなどで、その人の不安や緊張を推し量ります。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
それでも僕は、外科医をやめない

雨月メッツェンバウム次郎

高学歴エリート集団だと思われがちな外科医の世界は、実は、毎日人を切り刻んでる特殊な世界です。現役医師が語る外科医の世界は、とっても不思議な世界。毎日、さまざまな患者さんと接し、手術をするなかで感じたことを、ありのままに語ります。not...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

sizukanarudon 初めて会った人に好かれる方法 〜3分間チェッキングを駆使せよ〜 雨月メッツェンバウム次郎@ugetsujiro https://t.co/wbAyxy6RGs じっくり観察して、ちょっとお話をすれば だいたいその人の70%くらいはわかるようになります。 4年以上前 replyretweetfavorite

0501Can #初めて会った人に好かれる方法 #3分間チェッキング 4年以上前 replyretweetfavorite