スマートに女性を誘う方法

女性とふたりでいい感じの雰囲気になった時、"その先"にいきたいと思ったらどうやって誘いますか? 今回の林伸次さんのコラムは、林さんのお店・bar bossaに来る大人のお客さんたちに聞いたそんな時に使えるテクニックのお話。百戦錬磨の男性たちに聞いた誘い文句や、女性たちに聞いた泊まりたいと思える場所など、実践的なテクニックが盛りだくさんです。

デキる人たちはこうやって女性を誘う

いらっしゃいませ。
bar bossaへようこそ。

男性の皆さんに質問です。女性とふたりでお酒を飲んでいていい感じになった時、その人とセックスがしたいと思ったら、どんな風に誘いますか?「今日、この後、うちにこない?」とか「ちょっと休んでこうか」とか。でも断られて雰囲気が悪くなるのも恐いし、できるだけスマートに言いたいところですよね。

そこで、デキる人たちいったいどういう言葉を言ってるのか、bar bossaの大人のお客さま達に聞いてみました。

某有名編集者さんは、「今の時期だったら、『ううう、寒いね。風呂入りたいなあ』って言うかな」だそうです。このセリフ、すごく女性受けします。「ああ、それ良いですね。つい笑っちゃうし、明るい感じがしますね」とみなさん仰います。さすが、ベストセラーを作るマーケティング能力の高さと言葉の選びのセンスを感じます。

既婚者ですごく悪い50歳前の男性に聞いたのはこういうものです。食事をして、その後バーに行きます。そして12時とか1時とか、終電が終わりそうな時間になったら女性にこう言うそうです。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

渋谷のバーのマスターが教える、恋愛作法のエトセトラ。ついに書籍化!

ケイクス

この連載について

初回を読む
ワイングラスのむこう側

林伸次

東京・渋谷で16年、カウンターの向こうからバーに集う人たちの姿を見つめてきた、ワインバー「bar bossa(バールボッサ)」の店主・林伸次さん。バーを舞台に交差する人間模様。バーだから漏らしてしまう本音。ずっとカウンターに立ち続けて...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

san_pinchan @kazu_fujisawa さんの"ぼく愛"https://t.co/oPCOf47FlL 最高です。 ちなみに、これもオススメです。  2年以上前 replyretweetfavorite

sizukanarudon デキる人たちはこうやって女性を誘う ワイングラスのむこう側|林伸次@bar_bossa https://t.co/LFf7DejwJi 僕は酒を飲むと眠くなっちゃう派だから…、 女性と2人で酒を飲んで、イイ感じになることが無い…。(笑) 2年以上前 replyretweetfavorite

hazkkoi 2つのコラムが微妙にリンクしてる。  浮気される男たち|雨月メッツェンバウム次郎 @ugetsujiro https://t.co/5vqyTDtkqV  2年以上前 replyretweetfavorite

shimadakana 複雑な乙女心。意外と理解している男性は少ないのでは? ここでひとつ、達成率(!)が高い方法を教えてしんぜよう。 それは「いきなりではなく、伏線を仕掛けておくこと」。... http://t.co/oEUCBGe9n9 2年以上前 replyretweetfavorite