英語圏ライトノベルで“学園もの”大流行!?

翻訳・解説・エッセイ・コラムと、SF界のオシゴトを縦横無尽にばりばりこなす超人・大森望氏。氏の〈SFマガジン〉誌上の連載コラム「大森望の新SF観光局」がcakesに出張! 知りたかったSF界のあれやこれやをcakesでもおたのしみいただける週刊連載です! 今週は海外のライトノベルをご紹介します。(週1回更新)

 ライトノベルは海外にもあるか?

 っていうのはけっこうめんどくさい問題で、ライトノベルの定義によるとしか言えない。ざっくり言うと、「ハリポタはラノベに入るの?」ってことですね。《指輪物語》や《ゲド戦記》や『はてしない物語』や《ライラの冒険》はあんまりラノベっぽくないけど、《ハリー・ポッター》はかなり近いんじゃないですか。

 つまり、「ライトノベルとは、ジャンル小説(ファンタジー、SF、ミステリー、ホラー)を中心とする中高生向けのエンターテインメント小説のことである」と定義すれば、当然、英語圏にもライトノベルはある。

 アメリカでは前々から、児童文学と区別して、ヤングアダルトというジャンル名が使われてて、SF情報誌〈LOCUS〉の読者が投票で選ぶローカス賞にも、2003年からヤングアダルト部門が新設されている。

 この部門は、ニール・ゲイマン『コララインとボタンの魔女』が最初に受賞して以降、そのゲイマンが2回、テリー・プラチェットが3回、チャイナ・ミエヴィルが2回、キャサリン・M・ヴァレンテが2回受賞。宮崎駿アニメの影響がけっこう色濃いスコット・ウエスターフェルドのスチームパンク3部作の第1作『リヴァイアサン―クジラと蒸気機関―』や、「未来少年コナン」を連想させるパオロ・バチガルピ『シップブレイカー』なんかも獲ってます。

 SF方面だと、ここ20年くらい、日本のマンガ、アニメ、ゲームの影響をうかがわせる(オタク度の高い)作品が英語圏でもけっこう書かれてて、中には日本製ライトノベルにかなり近い感触のものもある。

 その意味ではとくに目新しいことでもないのに、いまさらこんな話を持ち出したのは、この春、英語圏から翻訳された学園ライトノベル(っぽい作品)が立て続けに3タイトル刊行されたから。

 そのひとつは、前々回の当欄で紹介した弱冠26歳の新鋭ピアース・ブラウンの3部作開幕編『レッド・ライジング──火星の簒奪者』(2014年/内田昌之訳/ハヤカワ文庫SF)。

 これは、肉体改造を受けた16歳の少年が全寮制のエリート校に潜入する学園ものだったわけですが、同時期に出たマーク・フロストのシリーズ第1作『秘密同盟アライアンス パラディンの予言篇』上下(2012年/大谷真弓訳/ハヤカワ文庫SF)を読んでびっくり。15歳の少年が全寮制のエリート校に転校してきて、学園内の謎の組織と闘う話で、そこだけとりだすと設定がまるかぶりです。

マーク・フロスト『秘密同盟アライアンス パラディンの予言篇(上・下)』(ハヤカワ文庫SF)

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

SFマガジン

この連載について

初回を読む
大森望の新SF観光局・cakes出張版

大森望

翻訳・解説・エッセイ・コラムと、SF界のオシゴトを縦横無尽にばりばりこなす超人・大森望氏。氏の〈SFマガジン〉誌上の連載コラム「大森望の新SF観光局」がcakesに出張! 知りたかったSF界のあれやこれやをcakesでもおたのしみいた...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

malrapide ?|大森望の新SF観光局・cakes出張版|大森望|cakes(ケイクス) https://t.co/HWaArXSDn7 4年以上前 replyretweetfavorite

nzm cakes版SFマガジン「新SF観光局cakes出張版」と、WEB本の雑誌「50代からのアイドル入門」の更新日がかぶらないようにずらすつもりだったのに、結局どっちも金曜日更新に……。 https://t.co/4Lq4beG4Dc http://t.co/S2sGzFBa2q 4年以上前 replyretweetfavorite

gryphonjapan 世界は相互作用だと思うよ。これから中国やアフリカの小説だって、世界に影響を与えてくだろう。 4年以上前 replyretweetfavorite

tach_on_the_web ちょっと読んでみたいラノベ風海外SF 4年以上前 replyretweetfavorite