江戸時代の家事は大変だった?【前編】

平凡な会社員・鈴木の目の前にあらわれた、「猫田」と名乗るおかしな猫(?)。
なぜか江戸時代にタイムスリップしてしまった鈴木が案内されたのは、江戸城下のとある長屋。そこには今まさに朝食を作ろうとしている女性がいて……。

2月21日発売『おかしな猫がご案内 お江戸はニャンとこうだった』(もぐら著)より、内容をご紹介していきます。


この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

お江戸はニャンとこうだった

もぐら

日々の生活に不満や悩みを抱えるサラリーマン・鈴木。出社前、些細ないことで妻と口論し、慌ただしく玄関のドアを開け会社に向かおうとすると、目の前におかしな猫があらわれた。するとあら不思議、気がつくとそこは江戸時代。茫然自失の鈴木だったが、...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません