宇宙をかける野生の憤怒。『虎よ、虎よ!』のお話です

SFマガジン史上初のカバーガールとして衝撃のデビューを果たしたアイドル・ライターの西田藍が、海外SFの定番を改めて読み直し、その内容を思うままに語る本誌連載のcakes版。今回ご紹介するのはテレポーテーション技術によって変貌した未来世界での、宇宙をまたにかけた絢爛たる復讐の物語です。


虎よ、虎よ(Tiger! Tiger! 1956)
中田耕治訳/邦訳刊行2008年(旧版1978年)/ハヤカワ文庫SF

この表紙の人が、虎。

とにかく、ずっと怒っている。

後に「虎」と呼ばれる本作主人公、ガリーことガリヴァー・フォイル。「肉体的に強壮、知力は野心を欠くために未発達」で技能も長所もない三等機関士は、ある理由で宇宙を漂流していた。

時は二十五世紀。瞬間移動「ジョウント」が開発され、宇宙空間以外はどこでもテレポートできる(移動距離の上限は千マイル)。

自分の行き先と目的地を正確に把握し、精神を集中させる。そのジョウント能力には個人差があり、ジョウントできない者は劣悪な労働環境に甘んじるしかない。

暴動、革命、戦争勃発。世界に暴力があふれていた。

そんな時代にフォイルは怒り狂っていた。彼が乗っていた宇宙船《ノーマッド》は敵の宇宙船に攻撃され、150日間、ひとり漂流していた。そのとき、同じプレスタイン財閥所属の宇宙船《ヴォーガ》が近くを通った。だが《ヴォーガ》は彼の送った救助信号を無視して、そのまま通り過ぎた。その船を彼は激しく憎んだ。憤怒が彼を変えた。

なんとか漂流の流れを変え、辿り着いたのは火星と木星の間の小惑星帯。そこに済む野蛮民族に拿捕された。彼らは2世紀前に遭難した科学調査団一行の子孫で、独自の文化を築き上げ、科学人を自称していた。

顔全体に、ニュージーランドのマオリ族のような刺青を施されるフォイル。そこから逃げ出し、やっと味方に救助され、地球へ戻った。おそろしい自身の顔を見て苦悩の叫びを上げる。「虎」が誕生した。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

SFマガジン

この連載について

初回を読む
にゅうもん! 西田藍の海外SF再入門

西田藍

2014年10月号のSFマガジン(売切御礼)において史上初のカバーガールとして衝撃のデビューを果たしたアイドル西田藍が、海外SFの定番を改めて読み直し、その内容を思うままに語る本誌連載がcakesにも登場です。紹介されるのは、幾星霜も...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

BAR2501kim 制服以外も可愛い! 5年以上前 replyretweetfavorite

iCharlotteblue そんな待機中にも♡こちらもよろしくね♡ 5年以上前 replyretweetfavorite

__takeda 昔読んだはずやけど、ほとんど覚えてなかった・・ 5年以上前 replyretweetfavorite

hocya3nebk 虎といえば山月記!← 5年以上前 replyretweetfavorite