野心家が嫌いだ。松下幸之助はもっと嫌いだ」

元幻冬舎社員による見城徹社長の直撃インタビュー中編。かつては世界を変えようと志した見城さんが、「儲けることが善である」「金が全てだ」と言い切るようになったのはなぜなのでしょうか。
発売初週で早くも3刷! 好評発売中の新刊『たった一人の熱狂―仕事と人生に効く51の言葉―』を切り口に、見城さんの圧倒的な生き様に迫ります。

逆説的な資本主義への想い

— 『たった一人の熱狂』のなかで、すごく印象的なのが、21歳のとき、学生運動で世界を変えようと志すも、挫折する話です。そこから見城さんは、醜い資本主義のこの世界でのし上がってやろうという、真逆の方向につきすすむわけですよね。これも厚みのある激しいドラマですね。

見城 いやいや、みんな人それぞれがそれぞれのドラマがあるでしょう。俺はたまたまこうやって自己表出をしなければいけなくなっただけで、この本はそれを説明しないと嘘になってしまうから。
 俺はね、単なる野心家が嫌いなの。「野心なんか豚に食われろ」と思う。自己否定を重ねた上で、自己肯定をしない限りは、本当の自己肯定にはなりえない。

— 起業家になりたいギラギラした人たちが集うようなパーティとかは?

見城 死ぬほど嫌い。ヘドが出る。

— 本書の中では、「金が全てだ」の項で、「儲かることが善だ」と言い切っていますが、やはりこれは見城さん流の強烈な逆説なんですよね。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
人生は「憂鬱」と「熱狂」でできている—幻冬舎社長・見城徹インタビュー

見城徹

幻冬舎の代表取締役社長であり、数々のベストセラーを生み出してきた編集者でもある見城徹さん。そんな伝説的人物に、なんと元幻冬舎社員が直撃インタビュー! トークアプリ「755」への投稿をもとに作られた『たった一人の熱狂―仕事と人生に効く5...もっと読む

関連記事

関連キーワード

コメント

akinobee https://t.co/6YLXc722wq 約2年前 replyretweetfavorite

YusukeZ2 剰余価値を独占する松下幸之助が、「あなたはよく生きなさい」「あなたは仲間を大事にしなさい」「あなたは一生懸命勉強しなさい」なんて言うのは偽善じゃないか。| 2年以上前 replyretweetfavorite

aki08 なるほど。パワフルだな。 2年以上前 replyretweetfavorite