どん底」を経験したから今がある—和田彩花インタビューvol.3

デビューしてから10年という歳月を芸能界で過ごしてきた和田彩花さん。スマイレージのメンバーに選ばれた当初は、まだプロ意識というものがなかったそうです。しかし、あることをきっかけに和田さんの気持ちが変わっていきます。そして現在、アンジュルムのリーダーとして活躍する和田さんの、アイドルとしての目標とプライベートでの目標は? インタビュー最終回です。

アイドルのお仕事が苦手だった

— 和田さんがハロプロエッグオーディション2004を経て、ハロー!プロジェクトに研修生として入られたのはまだ小学生の頃ですよね。

和田彩花(以下、和田) 小学校4年生ですね。

— その頃はまだ仕事としてという感覚ではなかったと思いますが、当時の芸能活動はどのような体験でした?

和田 周りのみんなはデビューに憧れてたんですけど、私はあんまりデビューしたいと思っていなかったんです。遊びながらというわけではないんですけど、そこまでアイドルにもなりたいわけじゃなく、ただハロー!プロジェクトが大好きでそこにいた、という感じでした。最初は先輩たちのバックダンサーをしてたんですけど、それも楽しかったし嬉しかったんです。自分がデビューしたいというよりは、そういう環境にいれて楽しいというのが一番でした。

— スマイレージのメンバーに選ばれて、活動が始まった頃はいかがでしたか?

和田 スマイレージのメンバーに選ばれて、まずはインディーズで活動していたんですけど、その時もまだちょっと遊び半分で過ごしていたので、本当にプロ意識なんていうものはひとつもなくて(笑)。気持ちが変わったのは、スマイレージのメジャーデビューの時ですね。

— メジャーデビューが意識を変える転機になった?


スマイレージのメジャーデビュー曲「夢見る 15歳」

和田 激変ですね(笑)。

— とはいえ、メジャーデビューする前でも、スマイレージに選ばれたことで生活に変化はあったんじゃないでしょうか?

和田 たしかに、ちょっとびっくりでしたね。PV撮影とかがあって、毎回毎回「笑えてない!」って怒られてました(笑)。「一番年下のメンバーでも笑えてるのに、なんで笑えないの」って言われて。そう言われたら、私も嫌になっちゃって。

— PV撮影は苦手な仕事だった?

和田 一番苦手っていうかお仕事で嫌いだったのは、レコーディングなんですよ(笑)。今は楽しいですし大好きですけど、その当時一番逃げたくなるのがレコーディング。レコーディングに向かうときは胃が痛くなっちゃって。

— 何が苦手だったんでしょう?

和田 当時はとにかくレコーディングスタジオのあの空間で歌うってことがとても嫌で。すごく密閉されちゃってるんですよ。逃げ出したい感じになったのをよく覚えています。(帰ろうかな、帰ろうかな、……でも怒られる)と心の中でいつも思ってました。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
アンジュルムという「作品」のために

和田彩花

スマイレージから改名し、新体制で動き出したアンジュルムのリーダーとして活躍する和田彩花さん。アイドルとしての彼女が際立つなか、絵画好きな一面もあり、『乙女の絵画案内 「かわいい」を見つけると名画がもっとわかる 』(PHP新書)を執筆し...もっと読む

関連記事

関連キーワード

コメント

suzukik8 横トリのダムタイプに衝撃受けたとのこと。 和田彩花インタビューvol.3| 約5年前 replyretweetfavorite

isiyosinori #angerme http://t.co/hv3SM2UW7j 約5年前 replyretweetfavorite

kirazaki_tw |アンジュルムという「作品」のために 今一番好きなのが、自分でも驚いていますが現代アートなんですよ。 和田彩花cakes(ケイクス) https://t.co/UKi45pNPXx 約5年前 replyretweetfavorite

mary0l0 "花音ちゃんとはわかり合える部分も多いけど、食い違うことも多いですね。" 約5年前 replyretweetfavorite