傷口から人生。

“仕事”が分からない人へ(後編)

就活に失敗し、20代前半は絶望的に仕事のできなかった小野美由紀さん。小野さんが逃げていたという「本当の望み」とは何だったのでしょうか? 就活や仕事に悩んでいるすべての人たち、つねに「第一志望」を内心であきらめてきた人たちに送るエッセイです。

 満足に働きたいと思いつつ、なぜ働けないのか。

 今ならよく分かる。私は逃げていたのだ。心の奥底にある、本当の望みから。

 本当は死ぬほど書く仕事がしたい。自分の名前で本を書いている、イケてる人たちに心底、憧れる。でも、自分はそこに行けない。せいぜい、サポートするだけ。悔しい。

 でも、新卒無職の人間を、いきなりライターとして雇ってくれるところなんて、あるわけない。そもそも自分にそれだけの実力があるなんて、とうてい思わない。それに、もし挑戦して、それが叶わなかったら、私は一体、どうしよう。

「本当の望みなんて、叶うわけがない」

 そういう、さわやかでない諦めを抱えながら、私はいつもくすぶっていた。くすぶりながら、現実的な「第二志望」をジプシーして、でもいつも「どこか違う」と不満を言っていた。「第二志望」なんだから、「どこか違う」のは、自明のことなのに。

 欲しいものは、崖の向こうにある。でも、飛べない。崖の向こう側をチラ見しつつ、「どうせ飛べないし」とふてくされ、だからってチラ見をやめることもできずに地団駄を踏んでいる人間。そうやって、見たくないものからも、「本当に見たいもの」からも、目をそらし続ける人間。それが私だった。

 私は自分の予想通り、数ヶ月でその店を辞めた。マスターは最後まで、ニヤニヤしていた。最後まで、「自分の世界に酔ってる」私に、ダメとも悪いとも、何にも言わなかった。

 社会が怖い。

 私はこの頃、完全な「精神的ひきこもり」だった。

 働かないんじゃない。本当は働けないわけでもない。ただ、自分に自信が無い。人とのコミュニケーションを過剰に恐れるのは、最初っから自分の世界に閉じこもっているほうが、現実を見ないでいるほうが、ラクだからだ。

 本当は、働きたい。でも、防空壕の中にいるうちは、安全だ。外は、怖い。爆弾がどんどん落とされている、はずだ、きっと。見たことないけど。

 そうしているうちに、自分には価値がないと思いたくなくて、だんだん、周りをばかにしはじめる。自分と、他人をばかにしながら、頭蓋の中できりきりと舞いながら、だんだん、防空壕から出られなくなる。

 私は社会とコミュニケーションがとれなくなっている人間の気持ちがよく分かる。ニート、ひきこもり。自分探しに夢中になっている人の、現実認識がちょっとおかしくなる感じ。彼らは自分の世界に酔ってるのだ。本当の現実があるのは分かっている。でも、そこに自分の膜を破って出て行くほどの自信がない。そんな自分はきっと、何をやってもダメなんだ……。そのジレンマに苦しみながら、自分の世界で自分を慰め続ける。

 テレビのコメンテーターからすると「幼稚な願望の表れ」かもしれないし、社会学者に言わせたらある種の病なのかもしれない。

 でも、私はそれを笑えない。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
傷口から人生。

小野美由紀

中3で自傷&不登校。大学に馴染めず仮面浪人。留学、TOEIC950点、インターン等々の無敵の履歴をひっさげ大企業の面接に臨んだのにパニック障害に! 数々の困難にぶつかってきた女子、小野美由紀さんの衝撃と希望の人生格闘記『傷口から人生。...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

ColorfulKara https://t.co/wxPGFF4AY3 2年以上前 replyretweetfavorite

n_plus “「本当の望みなんて、叶うわけがない」/さわやかでない諦めを抱えながら、私はいつもくすぶっていた。/崖の向こう側をチラ見しつつ/だからってチラ見をやめることもできずに地団駄を踏んでいる人間。” 3年以上前 replyretweetfavorite

Stakesh 社会はうつくしい。ゆらぐから美しい。そのままでも、醜くても、不完全でも、動くことそれ自体がうつくしい。世界の姿はあなた自身が更新するんだ。 http://t.co/11nKGEg1bU 4年以上前 replyretweetfavorite

Stakesh 旅をすることで、現実をごまかしていた。旅は麻薬だ。ちょっとかっこいい自分になったような気がする。 http://t.co/11nKGEg1bU 4年以上前 replyretweetfavorite