愛は技術

離婚したら幸せになれる」と思っているあなたへ

離婚にはさまざまな理由がありますが、「性格の不一致」で離婚をした川崎貴子さんは、後悔はしていないものの、人にはすすめられない程の苦痛を味わったのだと言います。身内や友達との関係、経済面など、離婚後に味わった数々のボディブローを率直に語っていただきます。また、川崎さんが「愛」について執筆し続ける理由とは? 「藤野英人さんとの対談「愛と資本主義」もあわせてお楽しみください。」

離婚後の苦行

 ぽつぽつとFacebookや知り合いからの紹介などで「離婚相談」を受けることが多くなってきました。

 すでに離婚の意思を固めている人もいらして、最後に私に背中を押してほしいのかなという印象も受けるのでどうしても書いておきたいのですが、私は決して「離婚推進派」ではありません。

 シングルマザー経験者としては、特にお子さんがいる場合はそうです。

「本当に大変ですよ。なんとか修復の道はありませんか?」と口にする「再度考え直してみてはどうか派」です。

 私もそうでしたが、離婚を発表する女性たちの多くは「離婚に関しては十分に話し合った結果、今ではなんの後悔もなく、子どもと一緒に新しい人生を歩んでいきます!」と、悲壮感ゼロの晴れ晴れとした風情で人生の再スタートを切っています。

 それは、たしかに嘘でも間違いでもありません。

 私自身、当時たしかにそう思いましたし、さらに言えば、今現在の幸せ(再婚後に次女出産)は離婚しなければ手に入れることができなかったのですから。

 でも、シングルマザーだった当時のことを振り返ると、簡単にはおすすめできません。

「離婚するだけだって相当なエネルギーを使ったのに、その後にこんな苦行があるとは!」という事態が、ぼんぼんと降りかかってきたからです。

離婚には2つのパターンがある

 また、離婚とひと口に言っても、離婚理由によって扱いは変わります。

 暴力やモラハラ、借金やギャンブルなどでの生活費使い込み、働かない、アルコール依存症、浮気など、わかりやすいダメな夫との離婚。

 子どもの成育環境としてもよくないですし、私自身も離婚を速攻おすすめするケースですが、これをAパターンとしましょう。

 もう一つは「性格の不一致」として語られる離婚理由。

 理想の結婚生活と違っていた、結婚したら相手の態度が変わった、けんかが絶えない、もしくは話し合いをしなくなった、相手に興味がなくなったなどのBパターン。

 私はまさにこのBパターンで離婚し、シングルマザーになりました。

 先日、このBパターンで離婚した女性たち何名かと話す機会があったのですが、みな、誰ひとり後悔はしていません。

 ですが、到底おすすめもできないという結論に。

 離婚当時は気負っていたし、カッコつけてもいたのでどこにも書きませんでしたが、Bパターンで離婚した後に受ける当然の、でも予想できていなかったボディブローをしたためてみます。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
愛は技術

川崎貴子

女性誌の特集や自己啓発本などでたびたび目にする「愛され女子」「ゆるふわ女子」「自分磨き」「モテるテクニック」などのキーワード。それらは女性たちの役に立つどころか、実際は「自己反省という名の闇」へと突き落としているのだとか。そんな悩める...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

bsgain 何か感動した。■ 4年以上前 replyretweetfavorite

sizukanarudon 川崎貴子@takako_kawasaki https://t.co/64Mqyacx2A 無料版は、ninoyaブログ、ぼくら社Blog http://t.co/U10Xq4b5ia http://t.co/4m2FRaaM9X 4年以上前 replyretweetfavorite

YukariWatanabe いま連載中の「アメリカでの増改築体験」http://t.co/m9DysNK8Hq にも通じるところあり。とても真摯な内容です> 4年以上前 replyretweetfavorite

2440560316 「養育費を払わなくてもペナルティーはなく、全離婚家庭で養育費を払っているのは2割程度。養育費をもらっていても月に3万~5万円。母子家庭への国の手当も4万円程度」 4年以上前 replyretweetfavorite