銀座の裏で次々生まれる絶品レストラン

Sumally代表・山本憲資さんのレストラン案内、今回は最近素敵なレストランが増えている、銀座の隣の新富町のお店をご紹介いたします。一軒目は東京随一の名店で修行した主人の鮨の新店。レベルの高い仕事が冴えるお店です。そしてもう一軒は、以前この連載でも紹介された、岐阜の中華の名店のご主人が開いたお店。「香りに耐え切れず修行僧すら塀を飛び越えて来る」と伝えられる伝説のスープの味とは?

有名店から独立した期待の新店

Sumallyのロゴを作ってくれた、クリエイティブ・ディレクターの青木克憲さんの「バタフライ・ストローク」のオフィスは新富町にある。青木さんには前職の編集者時代よりかわいがっていただき、何かとお世話になり続けているわけだが、先日相談があって事務所にお伺いした。打ち合わせのあとに食事でも行こうかという話になり、この日、選んだのは「鮨 はしもと」

銀座からもそう遠くない、新富町の駅からほど近く、裏銀座とでも呼べばいいエリアに昨年末オープンした、まだお若いご主人のやっているお店である。こちらのご主人の橋本さん、全く予約のとれない東京随一の名店として知られる「日本橋橘町都寿司」で12年の修業を経て、晴れて独立されたばかりのお店である。

おまかせコースは13000円と比較的リーズナブルで、まずはつまみから。春の息吹を感じさせてくれる菜の花のおひたしにはじまり、次から次へと日本酒のあてにぴったりなつまみが供される。そして握りはコハダから。僕は都寿司には残念ながらまだ行ったことがなくて、オリジナルを体験していないのだけれど、聞いたところによるとけっこうシャリが大きめでがっつりしているらしく、こちらの握りはそこまで大きくはなくて(個人的には大きくないほうが好き)少し安心。

どのネタにもちゃんと仕事がしてあって、かなりレベルが高い。じつはこの日の少し前に、有名店から独立したばかりの若手の店に行って残念な思いをしたことがあったので、なおのこと嬉しかった。あたりまえだが、人気店にいたというだけでは美味しい鮨を出せるとは限らない。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
フィットする晩餐

山本憲資

世界中の人の「欲しい」と「持っている」で繋がるウェブサービス「Sumally」の代表である、山本憲資(やまもとけんすけ)さんの連載がスタートしま す! 32歳という若さにして、膨大な数のレストランに通い、「食」にただならぬ情熱を注ぐ山...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

sizukanarudon フィットする晩餐|山本憲資 @kensukey https://t.co/fsp63j2brr 鮨 はしもと Furuta 4年以上前 replyretweetfavorite