ロボット工学者・石黒浩教授、SF作家に挑戦状を叩きつける

翻訳・解説・エッセイ・コラムと、SF界のオシゴトを縦横無尽にばりばりこなす超人・大森望氏。氏の〈SFマガジン〉誌上の連載コラム「大森望の新SF観光局」がcakesに出張! 知りたかったSF界のあれやこれやをcakesでもおたのしみいただける週刊連載です!(週1回更新)

 去る3月14日、第2回 日経「星新一賞」の授賞式が国立新美術館(東京都港区)の講堂にて開催された。同賞は、10,000文字以内(一般部門)のショートショート/短篇小説の公募新人賞(中学生以下を対象とするジュニア部門は5,000文字以内)。

 公式サイトには、「理系的発想を問う文学賞」とあり、応募要項にSFの文字はありませんが、まあ、事実上は掌篇SFの新人賞ですね。

 その証拠に、今回の最終選考委員6人のうちのひとり、ロボット工学者の石黒浩氏は、同賞公式サイトに寄せた文章で、

「技術開発の発想にはSFから生まれたものが少なくありません。私自身もSFのファンで、SFから多くのヒントと研究のモチベーションをもらっています。このたびは、そのSFを審査するという立場を与えていただき大変光栄に思います」と書いている。

 募集する作品の枚数規定で言うと、2009年に始まった創元SF短編賞が40字×40行で10枚以上25枚以内、2012年に始まったハヤカワSFコンテストが400字詰原稿用紙100~800枚程度なので、長さ別に、3種類のSF新人賞がうまく棲み分けしている格好になる(改行の量にもよるが、40字×40行×10枚の小説は、正味の文字数だと10,000文字ぐらいになります)。

 仄聞するところによると、もともと星ライブラリ代表の星マリナさん(星新一の次女にあたる)と、作家の瀬名秀明氏がいっしょに知恵を絞って、 “理系文学” の新人賞というグランドデザインを描き、鏡明氏の協力のもと、電通を介して日経が冠スポンサーにつき、いよいよプロジェクトが動き出した—という経緯だったらしい。このご時世に新しい賞のスポンサーを見つけるのはなかなかたいへんですが、 “理系文学” というフレーズにそれだけ訴求力があったということか。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

SFマガジン

この連載について

初回を読む
大森望の新SF観光局・cakes出張版

大森望

翻訳・解説・エッセイ・コラムと、SF界のオシゴトを縦横無尽にばりばりこなす超人・大森望氏。氏の〈SFマガジン〉誌上の連載コラム「大森望の新SF観光局」がcakesに出張! 知りたかったSF界のあれやこれやをcakesでもおたのしみいた...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

shiozaway 〈SFマガジンcakes版〉本日の記事を配信中です。「大森望の新SF観光局」は「 4年以上前 replyretweetfavorite

ChouIsamu それは良いんだが、「日本の理系の学位持ちのSF作家は工学屋ばっかで理学屋は測定誤差程度」と云う傾向は続く訳か… 4年以上前 replyretweetfavorite

Hayakawashobo 本日3月20日(金)更新分です 4年以上前 replyretweetfavorite