コメント欄を多用する人はモテない

一風変わったビジネス書作家であるココロ社さんに、SNSでモテる方法をご寄稿いただきました。今年5月に上梓された『モテる小説』(阪急コミュニケーションズ)の応用編です。これを読んで、実践してみてはいかがでしょうか?

読むだけで彼女ができる モテる小説
読むだけで彼女ができる モテる小説

こんにちは。最近、『モテる小説』を上梓した、ココロ社です。『モテる小説』では、おもに、すでに知り合っている人との関係の進め方について書きましたが、今回は、本には書ききれなかった、Facebookやtwitterを使ってモテるようになるための方法について書かせていただければと思います。

すっかり日常的なコミュニケーションツールとして定着した感のある、Facebookやtwitter。思い浮かぶものは「~なう」や、飲み会の写真に1行程度のキャプションをつけるような日記的な内容に、仲間うちで義務的に「いいね」をつけ合ったりする、楽しいのか哀しいのかわからないツールですが、漫然とパッとしない生活を記録するツールではなく、生活をパッとするものに変えるツールにしてこそIT化の意味があろうというものです。今回は、Facebookやtwitterを単なる生活記録ツールから、「モテる」ツールにするための方法について書かせていただきます。

コメントが好意的だったとしても、「脈あり」の指標にはならない

たとえばあなたが憎からず思っている人にコメントをつけたとします。相手がこちらのことを好きでも嫌いでもコメントへの返事はきます。コメントに対して、少々好意的な返事がきたとしても、脈があることにはなりません。たとえば下のようなやりとりがあったとしましょう。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ケイクス

この連載について

ケイクスカルチャー

ココロ社

関連キーワード