SF BOOK SCOPE

戦術を楽しめ、戦略を読め!—ピアース・ブラウン『レッド・ライジング—火星の簒奪者』

圧政に耐えるなか妻を殺され、みずからも殺されそうになった主人公。戦え、体制を壊すその日まで! 大きな注目を集める『レッド・ライジング――火星の簒奪者』をレビュウしながら、サバイバル/デスゲーム小説の楽しみ方や、最近注目のドル箱ジャンル、ヤング・アダルトSFについてもご紹介します。


ピアース・ブラウン『レッド・ライジング──火星の簒奪者』(ハヤカワ文庫SF)

●期待の新星ピアース・ブラウン、本邦初登場

新人作家ピアース・ブラウン。若干26歳。

 2011年、当時23歳のブラウンは出版社に原稿を持ち込んだ。出版社は彼の中に光るものを見つけ、三部作の執筆契約を結ぶ。第一作目が本書『レッド・ライジング—火星の簒奪者』だ。

 ブラウンは小さなころから、親の仕事の関係でアメリカを転々としてきた。しかし場所は変わっても彼の本性—面白い物語を紡ぐ—は変わらない。といっても、彼を天才作家の一人としてカウントしたいわけではない。出版社と契約を結ぶ前にいくつもの「お断りの手紙」を受け取っている。努力家の彼はそれらの手紙を次の作品執筆に活かしてきた。そして彼は読書家であり、なによりオタクだ。文学からSFまで幅広い知識を持っている。

 そんな彼のデビュー作『レッド・ライジング』の評価は極めて高い。訳者あとがきではレヴューサイトGoodreadsの新人作家カテゴリーでアンディ・ウィアー『火星の人』を追い抜き、最多票を獲得したと紹介している。ちなみにアンディ・ウィアー『火星の人』は先月発売された『SFが読みたい! 2015年度版』では、海外篇の第一位作品。今年、翻訳される(た)海外SFの注目作であることは、間違いない。映画化権も売られ、第二の『ハンガーゲーム』として出版界・映画界から大きな注目を集めている。

 英語だが、BuzzFeedBooksに詳しい記事 “Why Pierce Brown Might Be Fiction’s Next Superstar” がある。


●火星のサバイバル/デスゲーム

 あらすじを紹介しよう。

 舞台は地球人類の植民地として開発された火星。入植者たちは十二色の色属に分類され、階級が分けられている。支配階級はゴールド、技術者がオレンジ、医師ならイエローといったように。

 主人公ダロウの色属はレッド。火星の開発に必要な資源ヘリウム3を命がけで採掘する底辺労働者だ。やがて完成する火星のテラフォーミングのためだと信じ圧政に耐えていたが、権力者に妻を殺され、自分の命も脅かされる。反政府組織との接触を通じ、ダロウは自分たちレッドが偽りの情報を与えられ、労働力を搾取されていたことに気がつく。

 身体成形手術をうけ、レッドからゴールドへと姿を変えたダロウは、ゴールドの子息たちが通う養成校へと潜入する。好成績を収めゴールドの支配階級になり内側から体制の崩壊を目指すために。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

SFマガジン

この連載について

初回を読む
SF BOOK SCOPE

海老原豊

注目のSF関連新刊書籍を、いちはやくレビュウします。

関連記事

関連キーワード

コメント

wkyshtr @kj_msd ほんとだ、遊戯王とか出てきますね。ちらっと調べてみたらこんなのとかどうでしょう。 https://t.co/TVYD2NI6a6 6ヶ月前 replyretweetfavorite

shiozaway 〈SFマガジンcakes版〉本日の記事を配信中です。海老原豊氏の「SF BOOK SCOPE  2年以上前 replyretweetfavorite

hykw_SF 海老原豊さんによる、ピアース・ブラウン『レッド・ライジング――火星の簒奪者』の紹介コラムはこちら> https://t.co/Rg5Ws3rv3D 2年以上前 replyretweetfavorite

Hayakawashobo 本日3月20日(金)更新されました。話題作のレビューです 2年以上前 replyretweetfavorite