ハリルホジッチでお願いします」と編集者は言った

今回のテーマは、サッカー日本代表監督に就任したヴァヒド・ハリルホジッチ。毎回武田砂鉄さんとこの紹介欄を書いている担当編集者が週末に相談して、次回のテーマを決めるのですが、今回はそのテーマ選びの際になにかあったようです。というか、ほんとうにすみませんでした。今回も素晴らしいコラムですので、ぜひみなさまお楽しみください。

「狩野英孝」「平泉成」「ハリルホジッチ」

この連載がアップされるのは毎週水曜日、取りあげる人物については週末に担当編集者とメールをやり取りして決めるのだが、今回こちらは「狩野英孝」「平泉成」「ハリルホジッチ」というアクロバティックな3案を提示した。特に優先順位を明記しているわけではないのだが、候補出しの最初に記した人をこちらの最優先なのだと汲み取ってくれる事が多かったので、「ハリルホジッチでお願いします」とシンプルなメールが返ってきて、驚いた。

思わず「小藪千豊ではどうでしょうか?」と別案を投じたら、「ハリルホジッチだとありがたいです」と再びシンプルなメールが返ってきた。若干、最初のメールから文面が変わっている。ハリルホジッチを選ぶと、編集者の何かが好転するらしい。一体、何がどう好転するのか分からないが、ならばハリルホジッチで書き進めよう。

シンプルなパス回し、シンプルなメール返信

サッカー日本代表監督にアギーレの後続として就任したヴァヒド・ハリルホジッチ。昨年のワールドカップでアルジェリア代表を史上初の決勝トーナメントに導いた立役者だ。代表監督を辞任する時には続投要請の署名活動まで起きたという。熱血漢として知られ、求めるプレースタイルはとにかくスピーディ。ボールタッチ数をとことん減らし、ゴールに向かうにも単独ではなく常に3~4人で攻めるべしとの哲学を持つ。

彼が指揮をとってから、あるチームではパスの数が2倍強増えたそう。一人ひとりがボールを持ちすぎることなく、シンプルに、コンスタントに、パス回しをする。本稿の担当編集者は昨年のワールドカップで日本を苦しめたコートジボワール代表のドログバに風貌がとっても似ているのだが、このドログバもハリルホジッチのサッカーを信奉した一人だ。シンプルなメールを返し続けた編集者は、このシンプルさこそハリルホジッチのスタイルだとこちらに教えようとしていたのか。何とも心憎い演出だが、とっても分かりにくい。

向かい合うコメンテーター陣に苦笑いされる張本勲
この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

cakesの人気連載「ワダアキ考」、5人の書き下ろしを加えてついに書籍化!!

この連載について

初回を読む
ワダアキ考 〜テレビの中のわだかまり〜

武田砂鉄

365日四六時中休むことなく流れ続けているテレビ。あまりにも日常に入り込みすぎて、さも当たり前のようになってしったテレビの世界。でも、ふとした瞬間に感じる違和感、「これって本当に当たり前なんだっけ?」。その違和感を問いただすのが今回ス...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

the_kawagucci 張本の「喝!」については、マツコ・デラックスによる「あれは高齢者の皆さんが、今日が日曜日だと気付くためのもの」との優れた分析がある以上は黙って許容すべきだろう。 https://t.co/MTwCciZqwT 4年以上前 replyretweetfavorite

abm 張本の話になっているけど、面白いからいいや。 4年以上前 replyretweetfavorite

koninoue 現時点のハリルホジッチでこんな読ませるとか、やっぱり武田さんだな→ 4年以上前 replyretweetfavorite

ngataku13 安定のクオリティ 今回は特に面白い。 4年以上前 replyretweetfavorite