愛と資本主義

1993年の時点ですでに問題になっていたセックスレス—vol.3

今回は、藤野英人さんが投資家として、コンドームの会社を訪問したときに聞いた話から始まります。コンドーム会社の社長が危惧していたのは、日本人のセックスレス。セックス以外に楽しみがたくさん出てきた現代では、女性との付き合いを必要としない男性も増えている? それがひいては、日本経済の停滞につながって――。恋愛・結婚の問題を、投資・経営の側面から解きほぐしていきます。

セックスは代替可能な娯楽だった

藤野英人(以下、藤野) 1993年に、不二ラテックスというコンドームを製造している会社を訪問したんですよ。当時は、コンドームがコンビニで流通するようになって、株価がどーんと上がった時期だったんですね。そのとき不二ラテックスの社長が、「セックスっていうのは代替可能なもので、今うちの会社の最大の壁はセックスレスなんだ」とおっしゃってたんです。

川崎貴子(以下、川崎) セックスは代替可能、なんですか。

藤野 性欲って、食欲と睡眠欲に並ぶ三大欲求だと言われていますよね。でも、食事と睡眠は健康を維持するために欠かせませんが、セックスしなくても人間は死なないんですよ。

川崎 たしかに。子孫を残すためには必要ですが、日常生活ではなくても支障がないものですね。

藤野 1990年まで放送されてたちょっとエッチな「11PM」という番組があるんですけど、昔のお父さん・お母さんって、夜は特にやることがないから「11PM」でも観て、気分を盛り上げて(笑)一緒に寝てたんです。でも、だんだん飲食店などの店舗が深夜営業するようになり、お父さんの帰りが遅くて、お母さんが先に寝るということも多くなっていった。一緒に寝る時間が減れば減るほど、セックスの回数は減る。そして、コンドームの消費量も減ります。それを、不二ラテックスの社長は危惧していたんです。

川崎 1993年の時点で。恐るべし先見の明!

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
愛と資本主義

川崎貴子 /藤野英人

ファンドマネージャーの藤野英人さんが、イケてる経営者にインタビューするシリーズ。今回は番外編として、女性に特化した人材総合サービス会社ジョヤンテを経営し、恋愛・結婚についてのブログが大人気の川崎貴子社長と、「愛と資本主義」について対談...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Shinichi_dingo やべー図星ばっかで絶句につぐ絶句…。 > 4年以上前 replyretweetfavorite

ky1ky1 不二ラテックス https://t.co/olUiAw8zDc 本業とはいえ、さすがの考察。 4年以上前 replyretweetfavorite

shoheyheyhe 男性って、「時間を使うこと」のなかで、恋愛を他のことと同列に扱う (それは事実) 4年以上前 replyretweetfavorite

boreford >川崎 一方、女性はいまでも、結婚・出産することが幸せなことで、人生の優先順位の1番にあるという考え方が根強い。 藤野 そうなんです、男性側の価値基準だけが変わってしまった。そこで齟齬が起きてるんです。https://t.co/9cLDWDkRcY 4年以上前 replyretweetfavorite