愛と資本主義

恋愛における「神の見えざる手」がはたらかなくなった—vol.2

ファンドマネージャーの藤野英人さんと、経営者の川崎貴子さんが「愛と資本主義」について語る対談シリーズ。今回扱う問題は、結婚相手が見つからない、高齢出産、少子化、離婚、などなど。そのなかでも、「デートしたいと思える人すらほとんどいない」という、女性の深刻な悩みが明らかになります。

レッドオーシャンを狙わず、年収300万の男に目を向ける

川崎貴子(以下、川崎) いま、女性が「普通の人と結婚したい」と言う、その普通の人が見つからなくて困ってるんですよね。

藤野英人(以下、藤野) 普通が一番むずかしいですよね。

川崎 まあ、“普通”の基準が、現代の未婚男性に当てはめると高すぎるという問題はあります。自分の父親を基準にして、「30代で年収600万くらいあれば……」と思っていると、すでに高すぎる。いまや25〜35歳独身で600万円以上の年収をもつ男性は、3.5%しかいないという調査結果もあります。400万円以上にしても、23%。少数派なんです。

藤野 年収の高い男性もたしかに存在はしていますが、ごくわずかですからね。

川崎 年収1千万以上なんて、超レッドオーシャンですよ(笑)。

藤野 競争が激しいでしょうね(笑)。

川崎 モデルさんなども参戦してくる激戦区です。普通の女性に勝ち目はありません。じゃあ、結婚したい女性はどうすればいいのかというと、年収300万以下の男性に目を向けることが必要になってくるわけです。そのためには、相手の年収に頼るのではなく、「彼がフリーランスなら私は大手企業で働き続けて合計の年収を維持しよう」というような発想の転換が必要になります。

藤野 競争の激しいところを漁るのではなく、マーケットをつくっていくのがいいですよね。そのときに、僕は地方の人たちの暮らし方が参考になると思っています。地方って、意外に共働きが当たり前なんです。そうじゃないと生活できないので。両親も共働きで、それがごく自然なことなんですね。

川崎 モデルケースがあるのは大きいですね。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
愛と資本主義

川崎貴子 /藤野英人

ファンドマネージャーの藤野英人さんが、イケてる経営者にインタビューするシリーズ。今回は番外編として、女性に特化した人材総合サービス会社ジョヤンテを経営し、恋愛・結婚についてのブログが大人気の川崎貴子社長と、「愛と資本主義」について対談...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

katatumuri_walk ピルってこういう使い方もできるのか vol.2 4年以上前 replyretweetfavorite