虐殺器官』までの伊藤計劃 第5回『ミュンヘン』

伊藤計劃氏が亡くなってから、今年で6年。命日の3月20日には、伊藤氏のフィクション以外のエッセイ、インタビューなどを集成した『伊藤計劃記録(Ⅰ・Ⅱ)』がハヤカワ文庫JAより刊行されます。そこに収録された伊藤さんの個人ブログ「伊藤計劃:第弐位相」では、明らかにデビュー作『虐殺器官』につながる多くの映画・書籍がレビューされています。そのうちの5つのレビューを、5日連続で抜粋掲載します。


いとう・けいかく◎SF作家。1974 - 2009

01-24, 2006 いずこの地で

■さすらいびととして死ぬこと

 追放/亡命とは、もっとも悲痛な運命のひとつである。近代以前の時代において追放がとりわけいまわしい刑罰であったのは、それがただ家族や住みなれた場所を離れ、何年もあてもなく放浪することを意味しただけでなく、一種の呪われた者になることを意味したからである。
──エドワード・サイード『知識人とは何か』

 あなたは、どこで死ぬだろうか。

 もちろんそんなこと、わかりっこないという人がほとんどだろう。病院のベッドの上で死ぬかもしれないし、明日、車に轢かれてぼろぞうきんのように死ぬかもしれない。通勤電車が脱線するなどとは誰も思っていないけれど、それは起こってしまったし、いまや、都市という、予測し制御しようとする志向の産物のなかに住んでいたって、死のバリエーションは山ほどある。

 だけど、あなたがベッドで死ぬとしたら、そのベッドはどこにあるのだろうか。

 車に轢かれるとしたら、どこの道路ではねられるのだろうか。

「宇宙戦争」でスピルバーグは暴力として死を描いた。物理的な現実として、映画的なインパクトとして。それは容赦なく理不尽に襲いくる圧倒的な現実だった。人を等しく襲うものとしての死という暴力だった。多くの人が言っている。スピルバーグの暴力の過剰さ、凄まじさについて。ぼくも「宇宙戦争」のときに書いたし、この「ミュンヘン」でも一応、その容赦ない物理的インパクトとしての暴力はきっちりある。場面は少ないけれど、期待している人はそこらへんはきっちり期待してくれていい。

 けれど、そこで「暴力すげー」では「宇宙戦争」と同じ話で終わってしまう。実際、この映画はその先の領域を描いているのだから。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

SFマガジン

この連載について

初回を読む
虐殺器官』までの伊藤計劃

伊藤計劃 /SFマガジン

伊藤計劃氏が亡くなってから、今年で6年。命日の3月20日には、伊藤氏のフィクション以外のエッセイ、インタビューなどを集成した『伊藤計劃記録(Ⅰ・Ⅱ)』がハヤカワ文庫JAより刊行されます。そこに収録された伊藤さんの個人ブログ「伊藤計劃:...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

abe00makoto 年齢が近い作家の頭の中身って興味深いっす。 3年以上前 replyretweetfavorite

prisonerofroad #伊藤計劃 #movie 3年以上前 replyretweetfavorite

shiozaway 〈SFマガジンcakes版〉本日の記事を配信中です。「 3年以上前 replyretweetfavorite

PJ_Itoh ぜひご覧ください! 3年以上前 replyretweetfavorite