虐殺器官』までの伊藤計劃 第2回『宇宙戦争』

伊藤計劃氏が亡くなってから、今年で6年。命日の3月20日には、伊藤氏のフィクション以外のエッセイ、インタビューなどを集成した『伊藤計劃記録(Ⅰ・Ⅱ)』がハヤカワ文庫JAより刊行されます。そこに収録された伊藤さんの個人ブログ「伊藤計劃:第弐位相」では、明らかにデビュー作『虐殺器官』につながる多くの映画・書籍がレビューされています。そのうちの5つのレビューを、5日連続で抜粋掲載します。


いとう・けいかく◎SF作家。1974 - 2009

07-01, 2005 ヒストリー・オブ・バイオレンス

■宇宙戦争

「ははは、人がゴミのようだ!」 ──「天空の城ラピュタ」

 要するに、たかがキャッチボールをこれだけ暴力的に演出できる男の才能とは一体なんなのか、ということだ。「見せること」がまさか暴力になるとは思っていないルーカスなどとは、演出の地力がケタ違いだ(どう考えたってEP3より「映画力」が上でしょ、この映画)。

 冒頭近く、父親と息子とのぎこちないキャッチボール。しかし、ここで重要なのはそのキャッチボールが描き出す主人公と息子とのドラマにあるのではない。我々が驚くべきは、そのキャッチボールが、たかがキャッチボールであるはずの風景が、スピルバーグの手にかかると物凄い暴力の予感に満ちたやり取りと化す、その異常な演出力だ。質量とスピードを持った物体が、大きなインパクトとともにミットのなかに押さえ込まれる。ズバン、ズバン、とやり取りされる毎に、その質量はより大きなパワーを獲得してゆく。心理は映らない。画面に映らないドラマ云々言う奴はひっこんでろ。それをとことん知っている男スピルバーグは、親子の関係を質量をぶつけあう暴力のやり取りとして描くという、常軌を逸した方法をごく自然に選択した。これだけ物質感に満ちた、これだけ息苦しいキャッチボールははじめて観た。そして、トムの放ったボールがガラスを割って、この場面は終わる。その硬球が自宅のガラスをブチぬいたとき、それは漫画で描かれるあまたの草野球の風景とまったく同じ風景であるにもかかわらず、鈍器で誰かが殺されたようなインパクトを持って、このキャッチボールは終りを告げるのだ。これは決して大袈裟に言っているのではなく、事実、ぼくはガラスをボールがぶち抜いたとき、おうっ、と思わず劇場で声を上げてしまった。こんなこと、もう何年もなかったというのに。

 たかがキャッチボールをここまで暴力として演出してしまう男。それは、この映画がたとえPG‐13(本国)であろうとも、ありとあらゆるものを暴力的に描くことができるという、スピルバーグの勝利宣言に他ならない。これから貴様らに、びっくりするほどいろんな暴力を見せてやる、そうスピルバーグが笑っているのだ。キャッチボールが暴力と化すこの風景に接して、映画という視覚を操作するメディアにあっては何気ない風景ですら暴力と化す、あなた方がこれから接するのはそういう風景だ、という予感を感じ取れぬ者は、ドラマやカタルシスの欠落といった、「視ること」、視ることによって風景が変貌すること、の喜びを忘れた十年一日の念仏を繰り返して、映画とすれ違っていくことだろう。

 画面に暴力が炸裂するとき、スピルバーグは映画を支配する。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

SFマガジン

この連載について

初回を読む
虐殺器官』までの伊藤計劃

伊藤計劃 /SFマガジン

伊藤計劃氏が亡くなってから、今年で6年。命日の3月20日には、伊藤氏のフィクション以外のエッセイ、インタビューなどを集成した『伊藤計劃記録(Ⅰ・Ⅱ)』がハヤカワ文庫JAより刊行されます。そこに収録された伊藤さんの個人ブログ「伊藤計劃:...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

yabooarat こちらも。→映画における暴力とは何か。それは否応なく見せつけられるということだ。真の意味で「見世物」だということだ。 5年以上前 replyretweetfavorite

round36 第弐位相で好きだったレビューの五指に入る記事。 5年以上前 replyretweetfavorite

Shigeo_Taira |『虐殺器官』までの伊藤計劃|SFマガジン @Hayakawashobo /伊藤計劃|cakes(ケイクス) あらー新版はこんな表紙にされちゃったんだー。何からショック https://t.co/gZvFALyWyl 5年以上前 replyretweetfavorite

prisonerofroad #伊藤計劃 #movie 5年以上前 replyretweetfavorite