第7回】投了という終わり方

プロ棋士と互角以上の戦いを繰り広げるまでに進化した将棋ソフト。不可能を可能にしてきた開発者たちの発想と苦悩、そして迎え撃つプロ棋士の矜持と戦略。天才たちの素顔と、互いのプライドを賭けた戦いの軌跡。今日までのコンピュータ将棋に関する最前線を追った『ドキュメント コンピュータ将棋』が3月25日発売予定です。本連載では、本書から特に電王戦FINAL出場者たちの素顔や想いの部分を抜粋して紹介していきます。

コンピュータ将棋の最前線を戦う天才たちに迫った一冊、3月25日発売!


ドキュメント コンピュータ将棋 天才たちが紡ぐドラマ

 将棋は「礼に始まり、礼に終わるゲーム」と言われる。対局開始時には両対局者が一礼をして、「お願いします」と言う。そして負ける側は、はっきりと声に出して、投了の意思を告げなければならない。

 「負けました」
 「ありません」
 「ここまでです」

 言葉は特に規定されていない。何でもよい。しかし敗者は、いつかは、どこかではっきりと、投了の意思を告げなければならない。これが将棋の最も大事な、基本的なマナーである。子供に将棋を教える指導者は、まず何よりも、この点を強調することが多い。将棋を覚えたての子供同士の対局だと、自分の玉が詰まされたのを見て、ぐしゃっと駒を崩して終わりにする、ということはよくある。いや、子供だけではない。「負けました」の一言が言えずに、無言で盤の前を立ち去る大人もいる。これではいけない。将棋ほど負けて悔しいゲームは、そうはない。しかし、たとえどれほど悔しくても、口に出して負けは認めなければならない。

 中原誠16世名人は、以下のような言葉を残している。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

角川新書

この連載について

初回を読む
ドキュメント コンピュータ将棋

松本博文

プロ棋士と互角以上の戦いを繰り広げるまでに進化した将棋ソフト。不可能を可能にしてきた開発者たちの発想と苦悩、そして迎え撃つプロ棋士の矜持と戦略。天才たちの素顔と、互いのプライドを賭けた戦いの軌跡。今日までのコンピュータ将棋に関する最前...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません