虐殺器官』までの伊藤計劃 第1回『戦争請負会社』

伊藤計劃氏が亡くなってから、今年で6年。命日の3月20日には、伊藤氏のフィクション以外のエッセイ、インタビューなどを集成した『伊藤計劃記録(Ⅰ・Ⅱ)』がハヤカワ文庫JAより刊行されます。そこに収録された伊藤さんの個人ブログ「伊藤計劃:第弐位相」では、明らかにデビュー作『虐殺器官』につながる多くの映画・書籍がレビューされています。そのうちの5つのレビューを、5日連続で抜粋掲載します。


いとう・けいかく◎SF作家。1974 - 2009


02-01, 2005 よき商売は、つねにそこにある

■『戦争請負会社』P・W・シンガー、NHK出版

 Take a close look at the track record of this company, and you'll see that we've gambled in markets traditionally regarded as non-profit-hospitals, prisons, space exploration. I say "good business is where you find it".

 と、ディック・ジョーンズ氏はおっしゃられたわけです。オムニ社ことオムニ・コンシューマ・プロダクツ社の重役会議において。病院や刑務所や宇宙開発とかいった利益をあげない分野を、我々はマーケットとして開拓してきた、と。「よき商売は、そこにある」というロボコップの「警察が民営化された未来」というのは、87年当時、中学生で劇場公開時に観た私の心にはものすごくインパクトのある設定として映ったわけです。警察が民営化なんて、そんな無茶苦茶な、でもブッ飛んでて凄い、と。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

SFマガジン

この連載について

虐殺器官』までの伊藤計劃

伊藤計劃 /SFマガジン

伊藤計劃氏が亡くなってから、今年で6年。命日の3月20日には、伊藤氏のフィクション以外のエッセイ、インタビューなどを集成した『伊藤計劃記録(Ⅰ・Ⅱ)』がハヤカワ文庫JAより刊行されます。そこに収録された伊藤さんの個人ブログ「伊藤計劃:...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

prisonerofroad 1件のコメント http://t.co/MJ9vivGTOc #伊藤計劃 #book 約5年前 replyretweetfavorite

prisonerofroad 1件のコメント http://t.co/MJ9vivGTOc #伊藤計劃 #book 約5年前 replyretweetfavorite

awajiya まぁみな先刻承知だろうけど一応.[ “うちの5つのレビューを、5日連続で抜粋掲載” ] 約5年前 replyretweetfavorite

maremlin 残り4冊のラインナップだけでも教えてほしいな 約5年前 replyretweetfavorite